【心理学】スリーパー効果の具体例とは?恋愛で使って復縁を成功させる!

 

皆さんこんにちは!どんまです。

 

今回は心理学用語である『スリーパー効果』について紹介していきます。

 

これは、私たちの日常でも知らない間に起きている心理現象です。

知っていると応用することもできるので、ぜひこの機会に覚えていってください。

 

それでは見ていきましょう!

スリーパー効果(仮眠効果)とは?その実験は?

 

 

いきなりですが皆さんは、嘘くさい情報を信じてしまった事がありますか?

どんなに疑い深い人でも、1度はそんな経験をした事がありますよね。

 

この原因は『スリーパー効果』が働いているからなんです。

 

スリーパー効果とは

信用性が薄い情報だとしても、それを知ってから時間が経つと、その情報を信用してしまう現象

 

このスリーパー効果は別名で、

仮眠効果』とも呼ばれます。

 

なぜこういった事が起きてしまうかと言うと、

信用性は簡単に忘れられ、情報の内容だけが記憶に残るからです。

 

1つこんな実験がありました。

 

実験内容

 

参加者の学生に、

「アレルギーを抑える薬は、医者の処方箋無しに販売してもいいのか?」

と言う記事を読ませます。

 

そこで事前に、それについての反対派と賛成派に分かれてもらい、それぞれ別の記事を読ませました。

 

反対派の学生:肯定的な記事を読む

賛成派の学生:否定的な記事を読む

 

そのあとに、この学生たちを2つのグループに分けてこう伝えました。

 

Aグループ:「これは信用性の高い情報源から取ってきた記事だよ」

Bグループ:「これは信用性の低い情報源から取ってきた記事だよ」

 

そのあとに、学生たちが自分の意見を変えるか調査した結果がこちらです

 

Aグループ:学生の23%が自分の意見を変えた

Bグループ:学生の7%が自分の意見を変えた

 

つまり、人は信用性の高い情報源を信用し、信用性が低いものは信用しにくい

と言う事が分かりました。

 

「あれ?信用性低いもの信用してないじゃん!」と思いますよね。

スリーパー効果の面白い点は、時間が経ってから効果が発揮されるところです。

 

実験にはまだ続きがあります。

 

 

1ヶ月後に学生たちに再度質問をしました。

 

質問内容はこうです。

「あれからあなたの意見は変わりましたか?」

 

すると、AグループとBグループの間に差はなくなったのです。

 

つまり時間が経つと、情報への信用度は変わらなくなるのです。

 

どうでしょうか。

スリーパー効果は、とても信憑性があるものだと理解してもらえたはずです。

 

そこで次にスリーパー効果の具体例をいくつか紹介していきます。

スリーパー効果(仮眠効果)の具体例!

 

スリーパー効果は日常でよく見られる現象です。

今回はその中から3つピックアップしてみました。

 

1つずつ紹介していきます。

 

スリーパー効果の具体例1、都市伝説

 

 

よく世間では都市伝説の番組が放映されたり、そういった情報が出回ったりしますよね。

 

例えば

  • パラレルワールドのきさらぎ駅
  • 世界が〇〇〇〇年に滅びる
  • カッパやツチノコなどのUMA

 

実際には、こういったものは信憑性が薄いものばかりですよね。

初めて聞いた人も、最初は嘘くさいと信じていなかったはずです。

 

ですが時間が経つにつれて、本当にありそうな気がしてくる。

そう思えたら、スリーパー効果が働いている証拠です。

 

スリーパー効果の具体例2、芸能ゴシップ

 

 

テレビのニュースなどで、よく芸能ゴシップを取り上げますよね。

そしてSNSなどでも、様々な芸能人の話題が飛び交っています。

 

例えば

  • 実は〇〇が不倫をしていた
  • 有名な女優の〇〇は、学生時代いじめっ子だった
  • 裏では〇〇は性格が悪い

 

こういった情報は、一体誰が流し始めているのでしょうか。

証拠の写真が出回るケースもありますが、ほとんどが情報源がはっきりしていないものですよね。

 

ですが、私たちの多くの人がこういったものを信じてしまいます。

ガセネタであっても、スリーパー効果により情報を信じてしまうのが、この心理現象の怖いところです。

 

スリーパー効果の具体例3、選挙活動

 

 

選挙の時期になると、よく街中で選挙カーや街頭演説を見かけますよね。

 

そんな時にうるさかったり、胡散臭いことを言っていると、その人に対して不快感を覚えることもあると思います。

しかし、気づいたらその候補者に投票している人もいます。

 

その理由は、スリーパー効果をうまく利用しているからです。

 

誰に投票しようか迷っている時に、その人への不快感という情報でなく、その人の話や名前の記憶が浮かび上がります。

その結果、自分の1票を入れてしまうのです。

 

こう言った意味でも、スリーパー効果はとても影響のあるものですね。

最後にこのスリーパー効果を使い、恋愛でうまく応用する方法をお教えします!

 

スリーパー効果(仮眠効果)を使って復縁を成功させる!

 

 

今まで、スリーパー効果の影響の大きさについて紹介してきましたよね。

このスリーパー効果を使うと、復縁を成功させる可能性もあげることもできます。

 

「復縁をしたい!」

「まだ〇〇のことが好きなんだ」

と思っていたとしても、そのことが相手に伝わらないと意味がありません。

 

ですからそう言ったことを、ちゃんと伝えてあげてください。

 

すると、その瞬間に相手に伝わるわけではありませんが、時間が経つと相手にその内容が伝わっていきます。

なぜなら、相手はその言葉を信用できるようになるからです。

 

こうすれば、復縁が100%成功するとは言えませんが、可能性が上がることは間違いないです!

関連する用語!

 

関連する心理学用語です。

下に記事のリンクも張っておくので、ぜひ読んでみてください!

 

ウィンザー効果
  • 第三者から言われた方が、直接言われるよりも信ぴょう性や信頼度が上がる現象

【心理学】信頼感をあげるウィンザー効果!恋愛での応用方法は?

 

ピークエンドの法則
  • 感情が1番高まった時と最後の状態によって、出来事の全体の印象が決まる心理現象

最後が大切なピークエンドの法則とは?具体例や恋愛での応用!

 

ゲインロス効果
  • 最初に悪い印象を見せて、後から良い印象を見せると、より好感度が高くなること

【心理学】ゲインロス効果とは?その実験や恋愛での応用を解説!

 

スリーパー効果(仮眠効果)のまとめ

 

スリーパー効果(仮眠効果)

  • 信用性が薄い情報だとしても、それを知ってから時間が経つと、その情報を信用してしまう現象

 

スリーパー効果が起きる理由

  • 信用性は簡単に忘れられ、情報の内容だけが記憶に残るから

 

スリーパ効果の具体例

  1. 都市伝説
  2. 芸能ゴシップ
  3. 選挙活動

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です