【解説】好意の返報性とは?その実験や恋愛と職場での応用方法!

 

皆さんこんにちは、どんまです。

 

今回は心理学用語である、『返報性の原理』または『返報性の法則』について紹介していきます。

 

この心理は私たちの日常のあらゆるところで見られ、とても大きな効果を持ちます。

ですから、この機会にぜひ覚えていってください!

 

最後にはこのページ内をまとめてみたので、読んでくれると嬉しいです。

それでは、さっそく見ていきましょう!

返報性の原理(法則)とは?その意味は?

 

 

誰でもプレゼントをあげたり、もらったりしたことがありますよね。

人から何かもらったら、

「お返ししなきゃ!」こんな感情を抱いたことはありませんか。

 

実はこれ、返報性の原理(法則)が働いているからなのです。

 

返報性の原理とは、

  • 何らかの施しを受けて借りができると、その借りを返そうとする心理のこと

 

ここでいくつか例を挙げてみます。

 

返報性の原理の具体例

  • プレゼントをもらったら、何かプレゼントを返さなくてはと思う
  • 試食をした時に、申し訳ないからと買ってしまう
  • 優しくされると、その人に優しくしようとする

 

どうでしょうか。このような心理になったことがありますよね。

この返報性の原理は4つの種類に分けることができるので、それを紹介していきます。

 

返報性の原理(法則)の4つの種類はどんなものがある?

 

 

先ほどの返報性の原理を4つの種類に分けてみます。

 

4つの返報性の原理
  1. 好意の返報性(相手に好意を見せられると、自分もその人に好意を抱く)
  2. 敵意の返報性(相手に敵意を見せられると、自分もその人に敵意を抱く)
  3. 譲渡の返報性(相手に譲渡されると、自分もその人に譲渡したくなる)
  4. 自己開示の返報性(相手に自己開示されると、自分もその人に自己開示したくなる)

 

ここからも分かるように、人は自分がやられたことと同じことを返したくなります。

 

興味深いところはポジティブなことだけでなく、ネガティブなことも返報性があるということです。

なので、ネガティブなことをするのはできるだけ避けた方が良さそうですね。

 

そこで、私たちはこの中のポジティブな返報性を利用することにより、日常生活をより良いものにすることができます!

 

そこで今回は、『好意の返報性』についてもっと具体的に紹介していきます。

人間関係での応用もこのページ内で紹介しますので、ぜひ読んでください。

 

ではまず初めに、好意の返報性の効果が分かる実験を1つ紹介していきます。

好意の返報性の実験ってどんなもの?

 

 

今回は心理学者のデニス・リーガンが行なった有名な実験を紹介します。

 

実験の内容

 

  • 被験者を2人1組にする(2人のうち1人は仕掛け人)
  • そして仕掛け人1人にジュースを買いに行かせる
  • その時、仕掛け人の行動を2つのパターンに分ける

 

パターンA(2人分のジュースを買ってきてあげる)

パターンB(自分の分のジュースしか買ってこない)

 

  • その後、仕掛け人が被験者に福引きのチケットを買ってもらえないかと頼む
  • その実験を何組にも試してみる

 

実験の結果
  • パターンAの福引のチケットの購入率が、パターンBの2倍になった

 

実験から分かること
  • パターンAでは2人分のジュースを買って来てくれるという好意を、チケットを買ってあげるという好意で返そうとした。

 

 

やはり人は好意を示されると、好意を返したくなるそうですね。

 

好意の返報性が、とても効果があるものだと分かって頂けたと思います。

そこで次に、日常ではどのように応用するかを説明していきます。

 

好意の返報性を人間関係で応用したい!その方法とは?

 

ここでは、恋愛と職場でどのように好意の返報性を応用するかをお教えします。

それでは1つずつ見ていきましょう!

 

好意の返報性の恋愛での応用

 

 

みなさんは恋愛のときに、積極的に相手に自分の好意を見せられていますか?

もし「勇気が出ないから」や「緊張する」などの理由でそれをできていなかったら、非常にもったいないです。

 

何もいきなり「告白した方がいい」と言っているわけではありません。

普段から相手に好意を見せることにより、実際に告白したときなどに、その好意が返ってきやすくなるのです。

 

そこで普段から相手にどうやってその好意を見せるか、4つの方法を紹介します。

 

恋愛で好意を示す4つのテクニック
  1. 笑顔
  2. 相手を褒める
  3. プレゼントをあげる
  4. 秘密や悩みを打ち明ける

 

1つ目は、笑顔です。

笑顔は誰にでも簡単にできることですよね。

 

笑顔でいるということは、一緒にいて楽しいという好意の表れです。

つまんなさそうな人と一緒にいる事は、誰も好きではありませんよね。

 

あなたが笑顔を見せる事で相手も笑顔になり、この状況が楽しいものなんだと感じてくれるはずです。
2つ目は、相手を褒めることです

誰でも他の人に褒められると嬉しいですよね。

 

相手を認めてあげることにより、相手はそれを自分への好意だと思ってくれるはずです。

 

褒めるときには、具体的に褒めてあげるのが良いです。

なぜなら具体的に褒められると、自分をよく見てくれていると感じてくれるからです。

それも相手への好意の表れとできるので、意識してみてください。

 

 

3つ目はプレゼントをあげてみる事です。

 

このページの最初にも書きましたが、

「プレゼントをもらうと、お返しをしなきゃ」と言う心理が働きます。

 

そこで誕生日などにプレゼントをあげてみることです。

そうすれば相手への好感を表現できますし、あなたへのお返しのプレゼントも探してくれるはずです。

 

もし誕生日プレゼントでは難易度が高いなら、日常のちょっとしたプレゼントでも良いです。

例えば、食べ物系や日常でも使えるようねな小物などです。

 

これなら比較的に軽い気持ちであげられますし、もらう相手もお返しがしやすいです。

 

どっちにしろプレゼントをもらうことは嬉しいですし、プレゼントをくれた好意も覚えてくれるはずです。

 

 

4つ目は、秘密や悩みを打ち明けることです。

 

これは先ほど紹介した『自己開示の返報性』に基づいています。

もしあなたが秘密や悩みを打ち明ければ、相手も自分の秘密や悩みを打つ開けてくれるはずです。

 

自己開示は気の知れた人にしかやりませんよね。

なので、相手との距離を一気に縮めることができると思います。

 

他にも恋愛で使える心理学はいくつもあります。

リンクを貼っておいたので、気になる方は確認してみてください!

上司や親子間でのダブルバインドとは?その具体例と恋愛での応用方法!


[解説]吊り橋効果の意味は?教習マジックとは?そして恋愛での応用方法!

 

 

好意の返報性の職場での応用

 

 

職場での人間関係はとても大事ですよね。

なぜなら、その人間関係が仕事にもとても影響を及ぼすからです。

 

そこで好意の返報性を使うことにより、上司や部下と良い関係を作れます。

 

例えば、上司に対しては仕事のことを頼ったり、尊敬の念を示します。

すると上司は、しっかり尊敬されて好意を示されていると思い、あなたへ何らかの形で好意を返そうと思うはずです。

 

部下の場合はアドバイスをしたり、期待を込めて好意をみせます。

上司にそのようにされて嫌な人はいないですよね。

 

こうすることで、部下もあなたにその好意を返してあげようと頑張ってくれるはずです。

 

実は人に期待を込めるとピグマリオン効果という心理効果も働きます。

まだ知らないという方は、ぜひこの記事を読んでみてください!

[解説]ピグマリオン効果とは?その由来や日常での応用の仕方!

 

 

1つ注意してもらいたい事は、先ほども紹介した『敵意の返報性』です。

 

もし嫌な社員がいたとしても、敵意を見せることはおすすめできないです。

なぜなら敵意も返報性があるからです。

 

もしあなたが敵意を見せたら、それは自分に返ってきてしまうので、どちらにとってもデメリットしかありません。

 

なので敵意を見せることはぐっとこらえて、周りの人と良い関係を作ることを意識してください!

 

以上が職場での応用でした。

とても簡単に取り入れられるものなので、ぜひ職場上で使ってみてください!

返報性の原理(法則)のまとめ

 

最後にこのページ内を簡単にまとめていきます。

 

返報性の原理

  • 何らかの施しを受けて借りができると、その借りを返そうとする心理のこと

 

 

4つの返報性の原理

  1. 好意の返報性(相手に好意を見せられると、自分もその人に好意を抱く)
  2. 敵意の返報性(相手に敵意を見せられると、自分もその人に敵意を抱く)
  3. 譲渡の返報性(相手に譲渡されると、自分もその人に譲渡したくなる)
  4. 自己開示の返報性(相手に自己開示されると、自分もその人に自己開示したくなる)

 

 

恋愛で相手に好意を見せる4つのテクニック

  1. 笑顔
  2. 相手を褒める
  3. プレゼントをあげる
  4. 秘密や悩みを打ち明ける

 

 

職場での応用

  • 上司に対しては仕事のことを頼ったり、尊敬の念を示す
  • 部下の場合はアドバイスをしたり、期待を込めて好意を見せる

 

 

これらが返報性の原理(法則)の紹介でした。

日常でかんたんに応用できるものなので、ぜひ実践してみてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です