[解説]吊り橋効果の意味は?教習マジックとは?そして恋愛での応用方法!

 

皆さんこんにちは!どんまです。

 

今回は恋愛心理学としても有名な『吊り橋効果』を紹介していきます。

英語では、

「The suspension bridge effect」と言います。

吊り橋効果は日常で簡単に応用できるので、ぜひこの機会に覚えていってください。

 

最後には吊り橋効果のまとめについても書いてみたので、読んでくれると嬉しいです。

それでは、さっそく見ていきましょう!

吊り橋効果の意味とは?その実験内容は?

 

 

いきなりですが、みなさんはどんな時にドキドキを感じますか?

怖いとき、不安なとき、興奮したとき、びっくりしたとき、好きな異性といるときなど、色々とありますよね。

 

そこで、このドキドキ感を意図して作れるのが『吊り橋効果』です。

 

吊り橋効果とは、

恐怖、不安、興奮などを感じる場所で出会った人に対して、恋愛的な感情を持ちやすくなる心理効果

 

これだけだと信憑性がないので、吊り橋効果が証明された実験を1つ紹介していきます。

 

 

実験の内容

18〜35歳の独身男性を集めて、AとBの2グループに分ける。

そしてどちらのグループに対しても、橋を渡ってもらうように要求する。

その際に、

Aグループには、「高さ70m 長さ100m以上の揺れる吊り橋」を、

Bグループには、「固定されていて、揺れない橋」を渡ってもらった。

どちらのグループが渡る時にも、あらかじめ橋の真ん中に女性を立たせておいた。

そして男性が橋の真ん中まで来た時に、簡単なアンケートに答えてもらった。

その別れ際に女性が自分の連絡先をわたし、こう言った。

「もし結果が知りたかったら、この連絡先に電話をください」

 

実験の結果

 

揺れる橋を渡った、Aグループの50%が女性に対して電話をかけた。

しかし、固定された橋を渡ったBグループは、13%ほどしか電話をかけなかった。

 

実験の結果から分かること

  • Aグループが橋を渡るときに感じていた恐怖感や不安を、女性への恋愛感情だと無意識に間違えた。

 

これが、吊り橋効果が実証された実験です。面白い結果ですよね。

 

では次に、吊り橋効果の具体例を紹介していきます。

 

教習所での吊り橋効果とは?教習マジックって何?

 

 

みなさんは『教習マジック』をご存知ですか?

ネット上でも多くの方が「この教習マジックにかかってしまった」

と言っている人がいます。

 

教習マジックというのは、

教習の期間中に、女性の生徒が男性教官に恋心を抱いてしまうことです。

 

これには様々な理由がありますが、その理由の1つが吊り橋効果が働いているからです。

 

もし女性の生徒が教習場に通っていたら、

女性の生徒と男性教官が、車内で2人になることがありますよね。

 

さらに教習所に通っている段階では、まだ運転がおぼつかないと思います。

そのような状態では、

  • ミスしたらどうしよう
  • 事故ったらどうしよう

 

こんな恐怖感や不安を感じることがよくあるのではないでしょうか。

 

この感覚を女性生徒が、教官への恋愛感情と勘違いしてしまうのです。

なので教習所では、女性生徒が男性教官に恋に落ちやすいと言われています。

 

他の理由には『単純接触効果』があります。

まだこれについて知らない方は、ぜひこの記事を読んでみてください!

単純接触効果とその実験内容は?広告にも使われている?そして嫌いな人にも使えるかを解説!

 

実験では、男性が女性に恋心を抱きました。

教習マジックでは、女性が男性に恋愛の好意を抱いています。

 

これらの結果から吊り橋効果は、男性と女性のどちらにも効果がありそうですね。

 

そこでこの吊り橋効果を、恋愛ではどのように応用していくかを紹介していきます。

吊り橋効果を恋愛で応用したい!どうすればいい?

 

もしこの吊り橋効果を恋愛でうまく応用できたら、とても効果がありそうですよね。

 

そこで今回は、吊り橋効果が発揮されやすい状況を3つ紹介していきます。

それでは1つずつ紹介していきます。

 

吊り橋効果の応用1、一緒に映画を見る

 

 

1つ目は、一緒に映画を見ることです。

 

なぜかと言うと映画にはハラハラしたり、ドキドキする展開が多いからです。

 

映画を見るときのアドバイス

  • ホラーやアクション映画を選ぶようにする
  • 映画館で見る

 

1つずつ理由を説明していきます。

 

映画をホラーやアクションを選ぶ理由は、確実にハラハラ感やドキドキ感を味わえるからです。

 

他のジャンルの映画だと、これらの感情をを抱く場面が少ない可能性があります。

なので、確実にこれらのシーンが多いジャンルを選ぶべきです。

 

映画館で見る理由としては、大画面でボリュームも大きので迫力があるからです。

そうすると感情の動きも自然と大きくなるので、映画館の方が良いと思います。

 

そもそも家で2人で映画を見れるなら、恋心を抱いている可能性が高いですからね(笑)

 

吊り橋効果の応用2、ジムに行ったり、スポーツをする

 

 

2つ目は一緒にジムに行ったり、スポーツをすることです。

 

実はこの運動しているときの心拍数の上昇も、恋愛のドキドキと勘違いしやすいのです。

 

ちょっと思い出してみてください。学校などの運動系の部活やサークル内では、カップルができやすいですよね。

これは、自然と吊り橋効果が働いているからです。

 

ですから、狙っている相手がアウトドアが好きなタイプであれば、この方法試してみてもいいと思いますよ。

 

吊り橋効果の応用3、音楽ライブや、スポーツ観戦に行く

 

 

3つ目は、一緒にライブやスポーツ観戦をしに行くことです。

 

みなさんは普段、このような所に行く機会はありますか?

行ったことがある人なら感じると思いますが、めちゃくちゃ盛り上がったり、興奮しますよね。

なので、それらを恋愛感情に勘違いさせるができると思います。

 

もしホラー系の映画は嫌いだったり、運動も好きじゃないならば、この方法がオススメです。

 

他にも恋愛で使える心理効果はたくさんあります。

もし知りたかったら、これらの記事を参考にしてみてください!

【解説】心理学の初頭効果って何?その実験内容や恋愛での応用方法!

[解説]バーナム効果って何?その由来や応用の仕方!


いかがだったでしょうか?恋愛での応用の方法はいろいろとありましたよね。

ぜひできそうな方法を、自分なりに取り入れて試してみてください!

吊り橋効果のまとめ

 

最後にこのページ内を簡単にまとめていきたいと思います。

 

吊り橋効果
  • 恐怖、不安、興奮などを感じる場所で出会った人に対して、恋愛的な感情を持ちやすくなる心理効果

 

 

吊り橋効果の具体例
  • 教習マジック(教習の期間中に、女性の生徒が男性教官に恋心を抱いてしまうこと)

 

 

吊り橋効果の3つの応用方法
  1. 映画を見る
  2. ジムに行ったり、スポーツをする
  3. 音楽ライブやスポーツ観戦に行く

 

 

以上が吊り橋効果の紹介でした。

とても簡単に使えるものなので、ぜひ日常で実践してみてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です