【アファーメーション】自分を肯定してあげて理想の現実を作り出す!

 

どんま
こんにちは、どんまです。(@donnmablog

 

いきなりですが、皆さんはこんな事を思ったことがありませんか?

  • もっと人間関係を良くしたい!
  • 今よりもお金持ちになりたい!
  • ダイエットを成功させたい!
  • 暮らしやすい家庭を作り出したい!
  • もっと精神的に強い自分になりたい!

 

どんな人であっても、何かしらの願望は持っているはず。

しかし、願望が願望のままで終わってないでしょうか?

 

「〜したい」「〜なりたい」と思っているだけでは、なかなか現実は変わっていかない。

現実を変えていくには、まずは毎日の考え方や習慣を変えていく必要があります。

 

そこでオススメしたいのが『アファーメーション』になります。

今回は意味から使い方まで詳しく説明していくので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

それでは、早速見ていきましょう!

アファーメーションとは?その意味は?

 

 

アファーメーションとは
  • 自分自身に対して肯定的な言葉を語りかけること

 

アファーメーションを英語では「Affirmation」と書きます。

意味は「肯定、確信、断言」といったものになる。

 

アファーメーションという行為自体は、誰でもやったことがあるはず。

 

例えば、

  • 自分ならきっとできるはずだ!
  • 自分は幸せだ!
  • 自分は友達に恵まれている!
  • 今日は運がいいなぁ
  • 今日はたくさん頑張れた日だな

 

こんな感じに肯定的でポジティブな言葉を考えたり、口から発することがありますよね。

この行為を少し難しく言ったのが『アファーメーション』になる。

 

アファーメーションがセルフイメージを作り出す?

 

 

セルフイメージとは「自分に対して持っているイメージ」のことになります。

どんな人だとしても、何かしらのセルフイメージはある。

 

例えば、身長が160cmで55kgの2人の人がいるとする。

その2人は、AさんとBさん。

 

Aさんは自分の事をこう思っている。

「自分の体型は少し太っているな…」

 

Bさんは自分の事をこう思っている。

「自分の体型はちょうど良いよな!」

 

こんな感じで周囲から見たら同じような状況だとしても、人それぞれが持っている自分に対しての印象は変わります。

 

これらのセルフイメージは、正直簡単に変えることは難しい。

なぜならイメージとして、自分自身にへばりついているから。

 

ですが、セルフイメージによって、自分の人生に対してネガティブな影響を与えているのなら、改善した方が良いはず。

 

そのために、アファーメーション(自分に肯定的な言葉を投げかける行為)をやってみる。

アファーメーションをする事で、新たなセルフイメージを作り出します。

 

例えば、自分の体型がコンプレックスで積極的になれない人がいるとする。

その人が自分に対して肯定的な言葉を繰り返し投げかけてみる。

 

こんな感じに。

「自分の体型は良いものだ!」

「自分の体は健康的だなぁ」

 

自分を肯定してあげるのを習慣化してみることで、段々とセルフイメージが変わってくる。

つまり、自分に対しての悪いイメージから、良いイメージに変化するのです。

 

最終的には、自分の思考や行動はポジティブなものになっていくはずです。

アファーメーションのやり方!

 

 

アファーメーションのやり方にはいくつかポイントがあります。

 

ポイント
  • 見える化してあげる
  • 現在形で作る
  • ネガティブな言葉でなく、ポジティブな言葉で作る
  • 何回も繰り返す

 

順番に解説していきます。

 

見える化してあげる

 

アファーメーションをやる上で、自分が作ったアファーメションを見えるようにしてあげるのが大事。

なぜなら文字として書き起こさないと、忘れてしまったり何回も反復できないから。

 

見える化とは何も特別なことをするのではなく、単純に紙に文章として書いたり、スマホのメモ機能に書き残せば大丈夫。

とにかく、毎日の生活の中で目に触れる場所に書き留めておきましょう。

 

現在形や現在進行形で作る

 

アファーメーションを作る上では、現在形や現在進行形の文章にしてあげます。

 

例文で表すとこんな感じ。

  • 私は良好な人間関係を築いている
  • 私はお金持ちだ
  • 私はダイエットに成功している
  • 私は暮らしやすい家庭を作る
  • 私は精神的に強い自分だ

 

上記のような書き方を参考にしてみてください。

 

逆にやりがちな良くない書き方は、願望になっているものです。

「〜したい」や「〜になっていたい」などの願望表現では、現在その状態にいない自分をネガティブに捉える形になってしまう。

すると、そのネガティブな形でセルフイメージが作られてしまうので、願望表現は避けたいものになります。

 

ネガティブな言葉でなく、ポジティブな言葉で作る

 

アファーメーションは、ポジティブな言葉で作りましょう。

 

先程の例文は、ポジティブな表現になっている。

  • 私は良好な人間関係を築いている
  • 私はお金持ちだ
  • 私はダイエットに成功している
  • 私は暮らしやすい家庭を作る
  • 私は精神的に強い自分だ

 

逆に避けて欲しい、ネガティブな表現とはこんなもの。

  • 私は悪い人間関係を持っていない
  • 私は貧乏ではない
  • 私は精神的に弱い自分ではない

 

見て分かるように「悪い人間関係」「貧乏」「精神的に弱い」などネガティブなニュアンスの言葉が入っていますよね。

ネガティブな言葉があると、ネガティブな状況を連想してしまいますし、ネガティブな言葉が習慣化してしまいます。

 

何より、アファーメーションという行為自体が「自分にポジティブな言葉を投げかける」と定義されているので、ネガティブではなくポジティブな言葉で作るように意識しましょう。

 

何回も繰り返す

 

作ったアファーメーションは何回も繰り返すようにします。

 

アファーメーションでは、一回だけやっても効果はありません。

なぜなら何回も繰り返して、自分のセルフイメージを変える必要があるから。

 

そのためにも、紙に書いたりメモ機能に残した文章を何回も読んだりします。

できれば、毎日繰り返すことができると良い。

回数を重ねて意識していくことで、習慣化されていき、それに伴って人生も変わっていくのです。

アファーメーションの注意点!

 

 

アファーメーションの注意点としては「効果が出ないからとすぐにやめない事」です。

 

正直アファーメーションの効果がすぐに現れるとは限りません。

また効果が現れたとしても、それが直接アファーメーションと因果関係になっているとも証明できない。

 

だからと言ってすぐにやめてしまうと、自分や自分の人生をポジティブに変化させる機会さえも手放すことになります。

反対に毎日繰り返して習慣化していくことで、人生を豊かにできるチャンスを掴み取れるかもしれない。

だから大事なことは、アファーメーションをとにかく信じて使っていくことになります。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です