【継続力がない人必見】継続できない原因とその対策方法!

 

こんにちは、どんまです。(@donnmablog

 

馬蜂くん
また3日坊主だ…
どんま
どうしたの?
馬蜂くん
僕って本当に継続力がないんだよね、毎日ランニングしようと思って始めてみたんだけど、3日しか続かなかったんだ。
どんま
毎日何キロぐらい走ろうと思っていたの?
馬蜂くん
たくさん痩せたいから10キロ!
どんま
それじゃあ、継続できないのも無理はないな。

 

継続できなくて悩んでいる人は多いはず。

 

「自分には継続する能力がないのか?」

「自分は不真面目なんだ」

「今度もどうせやめてしまうだろう」

 

継続できないが故に、どんどんネガティブな気持ちになっていってしまう。

 

しかし、継続できない原因を見つけ、対策方法を講じれば誰でも継続できるようになります。

継続できるようになれば、今よりも絶対に成長できるし、何よりも人生が豊かになっていく。

 

そこで今回は

世間の声
継続できない原因を知りたい!

世間の声
継続できる方法を知りたい!

世間の声
今よりも成長したい!

 

こんな人にオススメの記事になっています。

継続できない5つの原因と対策方法!

 

 

継続できない原因は主に5つあるので、自分はどれに当てはまるか確認してみてください。

 

どんま
一緒に対策方法も紹介していくよ。

 

1、やる必要がない事である

 

1つ目の原因は、やる必要がない事であるから。

 

継続したいものは、自分にとってやる必要のあるものでしょうか?

意外に、なんでやるべきか答えられない人もいるはず。

 

例えば、

  • 毎日英単語10個覚える!

 

こんな感じに自分と約束したとする。

 

しかし、これは本当にやる必要のあるものでしょうか?

 

  • 英語のニュースを読めるようになりたい!
  • 将来は海外で働きたい!
  • 来年に英語関係のテストを受けようと思っている!

実際にやるべき理由がこんな感じにあれば良いです。

 

しかし、

  • なんとなく覚えたいから
  • 英語知っているのカッコいいから
  • ふと覚えたくなった

 

こんな感じに継続の必要性が薄いと、気分が乗らないとすぐにやめがち。

 

だから対策方法としては、まずは継続するべき理由をはっきりとさせる。

そして、その理由を達成するために行動するように心がけてみましょう!

 

2、ノルマや目標が高すぎるから

 

2つ目の原因は、ノルマや目標が高すぎるから。

 

今まで全然運動してこなかったのに、こんなノルマを立てたらどうでしょう。

毎日10キロ走る!」

 

ちょっとこれでは、ノルマが高すぎますよね。

目標でも同じです。

 

「1ヶ月で20キロ痩せる!」

これも目標が高すぎだと見て分かりますよね。

 

こんな感じでノルマや目標の設定自体が間違ってる可能性があります。

また設定を間違えると、継続どころか心身や生活習慣に影響を与えることもあるので少し危険。

 

ノルマや目標を高くしてはいけないと言うわけではありません。

そうではなくて、継続するために自分ができる範囲のノルマや目標を設定するべきなのです。

 

ですから最初は「毎日5分だけランニングする」

こんな小さなノルマでも大丈夫。

慣れてきたら、後からもう一度設定を変えてあげればOKです。

 

対策方法としてはノルマや目標を見直し、自分ができそうな範囲で設定するです。

 

3、自分1人でやっているから

 

3つ目の原因は、自分1人でやっているから。

 

1人でやるのはしょうがないけど、1人でやると継続しにくい。

なぜなら、サボったとしても自分しか分からないから。

 

だから対策方法として、友達や家族など近くの人と一緒にやってみると良い。

周囲の人と一緒にやることで、サボったときに相手に迷惑かかるから、サボりにくくなる。

 

実際、僕も友達と朝活を始めて、起きなきゃという責任感からうまく継続できた。

 

「いやいや、一緒にやる人見つからないわ!」

こんな風に思う人もいるはずです。

 

一緒にいる人がいないなら、周囲に宣言してしまうのも良いです。

つまり「これから〇〇を継続する!」と伝えてしまう。

 

こうする事で、心理学の宣言効果が働き、継続しやすいと思います。

宣言効果について詳しく書いてある記事もあるので、ぜひ読んでみてください。

【心理学】目標を達成するための宣言効果とは?その方法や注意点を解説!

 

4、ついつい後回しにするから

 

4つ目の原因は、ついつい後回しにするから。

 

継続したいことを後回しにして、気づいたら寝る時間だった。

こんな経験は誰にでもあるはず。

 

継続したい事を後に回すことは、あまりオススメできない。

なぜなら、後に回すほど心身が疲れている状態になり、もっとやる気が出なくなるから。

 

対策方法としては2つある。

1つは、疲れが少ない朝などの時間にやること。

 

朝だと予定が入りにくいですし、何より心身の状態が良い。

だから朝に終わらせておく事で、継続力が大きく上がります。

 

もう1つの対策方法は、毎回決めた時間に行動する。

例えば、19時になったら3キロランニングする。

 

時間を固定化することで、感情に左右されないで行動できる。

2つのどちらでも良いので、取り入れてみると効果があると思います。

5、結果を見える化していないから

 

5つ目の原因は、結果を見える化していないから。

 

継続したい事を口約束だけにしていませんか?

やろうって心に決めておくだけだと、怠惰な自分は簡単にその約束を破ります。

 

気づいたら「最後にいつやったっけ?」と自分がいつやったのかさえ忘れている。

 

だから対策方法としては、継続したい事を書き出して、達成できた日は書き込む。

毎回やり終わったら、何を、いつ、どれくらいやったかだけを分かるようにしておけば良い。

 

紙やカレンダーに書き込んでも良いですし、今なら継続を助けてくれるスマホのアプリもあるので、それを使うのもオススメ。

 

大事なのは見える化する事なので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

頑張って習慣化するまでは続けよう!

 

 

馬蜂くん
さっそく対策方法を試してみたけど、まだちょっと辛い…
どんま
そこは頑張って我慢するしかないね。

 

継続し始めは、どうしても辛くなることがあると思います。

  • 今日は気分が出ないな
  • 継続の辛さがこれからも続くのかな

 

こんな風にネガティブな気持ちになることもあるはず。

少し精神論になってしまいますが、こういった場合でも頑張って続けてみてください。

 

少しづつ継続できれば、習慣化される時が来ます。

習慣化されれば、継続するのが苦ではなくなっていくはずです。

 

だから、ぜひ習慣化するまでは続けてみてくださいね。

 

馬蜂くん
そっかー、じゃあもう少しだけ頑張ってみる!
どんま
継続できれば、人生は確実に変わっていくはずだよ。

 

お疲れ様、最後まで読んでくれてありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です