【テスト前にやる気が出ない人へ】心理学を使ってやる気を出す5つの方法!

 

こんにちは、どんまです。(@donnmablog

 

馬蜂くん
あのさ、明日一緒に遊ばない?
どんま
えっ?来週からテスト週間だけど、大丈夫なの?
馬蜂くん
うーん、そうだけどテスト勉強のやる気が出ないんだよね。
どんま
いつも、どうやってやる気を出しているの?
馬蜂くん
やる気スイッチが入るのを待ってる!
どんま
それじゃあ、やる気は出ないよ(笑)

 

学生の頃に大事なものと言えばテスト勉強。

大人になっても、何かしらのテストがある人はいるはず。

しかし、テスト前にやる気が出ないことがよくありますよね。

 

僕自身、昔からテスト前にやる気を出せなくて困っていました。

そんな中、色々と模索すると1つの気づきがありました。

 

それは「自分の中にやる気がないわけではなく、やる気を出す方法を知らなかっただけ」という事。

 

そこで今回は

世間の声
テスト前にやる気が出ない!

世間の声
やる気が出ない原因って何?

世間の声
やる気を出す方法が知りたい!

 

こんな人にオススメの記事になっています。

テスト前にやる気が出ない4つの原因とは?

 

 

まずは、テスト前にやる気が出ない4つの原因。

心理学の視点も含めて、1つずつ紹介していきます。

 

1、時間を使い切る心理

 

1つ目の原因は、人はある時間を使い切る心理があるから。

これを心理学で『パーキンソンの法則』と言います。

 

例えば、夏休みの宿題をギリギリに終わらせる人がいますよね。

夏休みの宿題は、膨大な量があるわけではなく、コツコツと毎日やっていれば終わるもの。

 

しかし、人は時間があると余裕を持ってしまい、時間を使い切ってしまう。

 

これは、テスト前にやる気が出なくて、一夜漬けをしてしまう人にも当てはまる。

テスト前に時間は沢山あるが、時間をテスト以外に使ってしまう。

 

その結果、泣く泣く一夜漬けに追い込まれるのです。

 

こちらの記事で、パーキンソンの法則を紹介しています。

【パーキンソンの法則】時間もお金も足りないのは心理の問題?

 

2、好きではないことだから

 

2つ目の原因は、好きではないことだから。

 

人間好きなモノがあれば、嫌いなモノもある。

これは、しょうがない事ですよね。

 

好きなモノでは、やる気が出やすいはず。

反対に嫌いなモノでは、気持ちが上がりづらい。

 

学生時代では、自分がやりたい勉強だけ出来るわけではなく、嫌いな科目もやる必要がある。

勉強自体が嫌いな人もいる。

 

そういった人たちは、好きではない事をやるため、自然とやる気が湧いてこないのは、当然のことなのです。

 

3、言い訳づくりをするため

 

3つ目の理由は、言い訳づくりをするため。

 

何か他のモノのせいにして、テストの勉強をあまりできなかった。

テスト勉強が十分に出来なかったから、成績も良くなかったのだと周囲に伝えたり、自分を正当化しようとする。

 

例えば

  • ゲームをしたり、YouTubeを見たから
  • 友達に遊びに誘われたから
  • 掃除を沢山したから

 

これらの外的要因のせいにして、テストの成績が悪いことから逃げようとするのです。

この行為を『セルフハンデギャップ』と言います。

 

心当たりがある方は、この記事を読んでみて下さい。

【心理学】言い訳の原因セルフハンディキャンピングとは?その例や対処法!

 

4、やりたい事が禁止されるから

 

4つ目の原因は、やりたい事が禁止されているから。

 

テスト前だと、やりたい事を親など周囲の人に禁止されることは多い。

自分自身で禁止する人もいると思います。

 

ところが、テスト勉強のために禁止すると、普段よりもやりたくなり、勉強に集中できなくなることはありませんか?

実は皮肉なことに、人は禁止されている事をやりたくなるのです。

 

この現象を心理学で『カリギュラ効果』と言います。

記事はこちらです。

【悪用禁止】カリギュラ効果とは?相手に興味を持たせる方法!

 

やる気スイッチが入るのを待ってはダメ!

 

 

テスト前にやる気が出るのを待っている人は多いはず。

以前は、僕もやる気が出るのを待ってから、勉強し始めていた。

 

ところが、心理学を学び始めてから、こんな考えを持つようになります。

「やる気スイッチが入るのを待っていては遅い!

 

自然とやる気スイッチが入って、やる気を出すのはリスクがありすぎる。

なぜなら、やる気が入る保証はないし、どれくらいの時間が必要かも分からない。

 

だったら、自分でやる気スイッチを入れた方が良い。

 

テスト前にやる気が出ない人は、やる気がないわけではなく、やる気の出し方を知らないだけ。

次の章では、心理学を使ってやる気を出す方法を紹介していきます。

テストのやる気を出す5つの方法!

 

 

やる気を出す方法を5つ紹介していきます。

 

テストのやる気を出す5つの方法!

  1. 場所を変えてみる
  2. 少しだけ始めてみる
  3. 周囲に宣言してみる
  4. ご褒美を作る
  5. 中途半端に止める

 

順番に説明していきます。

 

1、場所を変えてみる

 

1つ目の方法は、場所を変えてみること。

もし今勉強している場所でやる気が出ないのなら、場所を変えてみると良いです。

 

勉強するのにオススメの場所は、周囲の人から見られる所。

例えば、カフェや図書館、塾の自習室など。

 

人から見られる場所が良い理由は、人から見られるとやる気が上がるから。

この現象を『ホーソン効果』と言います。

 

こちらに詳しく書いてあります。

【心理学】ホーソン効果とは?その実験と教育での応用方法!

 

注意としては、知っている人から見られる環境はやめておくこと。

例えば、友達の家で勉強したり、友達と一緒に勉強をしたりすること。

 

友達と話してしまい、勉強できなかったという危険が伴います。

だから、場所を変えて1人で勉強する事をオススメします。

 

2、少しだけ始めてみる

 

2つ目の方法は、少しだけ始めてみること。

やる気が出ていない状態だとしても、とにかく少しだけ勉強に取り組んでみる。

 

勉強を取り組み始めると、自然とやる気が出てくる。

これを『作業興奮』と言う。

 

作業興奮とは、作業をすることで自然とやる気が出る現象。

下記が記事になります。

【解説】作業興奮を働かせてやる気を出す!その方法と注意点とは?

 

ポイントとしては、取り組みやすいものからで良い。

例えば、英語の勉強をしたいなら、長文からやるのではなく単語帳から始めてみるなど。

 

とにかく勉強を始めてみると、自然とやる気が出てきて、思ったより勉強がはかどってしまう事があるのです。

 

3、周囲に宣言してみる

 

3つ目の方法は、周囲に宣言してみる。

 

例えば、

  • 今度のテストで学年5位以内を目指す
  • 国語のテストで90点を取る

 

周囲に宣言をし、やらなければいけない環境に自分を置く。

すると、やる気関係なく勉強に取り組めるようになる。

 

この方法を宣言効果といって、詳しい説明は以下の記事に書いてあります。

【心理学】目標を達成するための宣言効果とは?その方法や注意点を解説!

 

4、ご褒美を作る

 

4つ目の方法は、ご褒美を作ること。

 

勉強が好きだったり、テスト前が苦でないなら、ご褒美は必要ないかもしれません。

ですが、やる気が出ない人の多くは、テスト勉強に対してストレスを感じているはず。

 

そんな状況で何も報酬がないと、なかなかやる気が出にくい。

だから、自分でご褒美を作ってみる。

 

例えば

  • テストが終わったらディズニーに行く
  • 学年で20位以内に入れれば、欲しかった服を買う

 

人間は褒美のために頑張ることができる生き物。

だから、テスト後のご褒美を作ってあげると、やる気も上げられるはずです。

5、中途半端にやめる

 

5つ目の方法は、中途半端にやめること

 

勉強をしているときに、キリが良いところまで問題を解きますよね。

でも、キリが良いところまでやるのはオススメできない。

なぜなら、次始めるときに大きなエネルギーが必要となるから。

 

だから勉強を中途半端な所でやめておく。

 

例えば、

  • 最後の問題はあえて解かない。
  • その日に暗記する範囲を中途半端にしておく

 

こうすることで、次始めるときに楽になったり、勉強のやる気が出やすくなる。

やる気が出やすくなるのは『ツァイガルニク効果』が働くから。

 

ツァイガルニク効果とは、人は達成できなかったことに印象が残り、次の機会に取り組みやすい現象。

下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

【心理学】ツァイガルニク効果とは?そして勉強と恋愛での応用方法!

 

どんま
以上がテスト前にやる気を出す5つの方法になるよ。
馬蜂くん
僕もできそうな方法から取り入れてみよう!
どんま
どれも効果ありだから、ぜひ試してみてね。

皆さんのやる気と、テストの成績が上がることを願っています!

 

お疲れ様、最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です