【諦め癖のある人へ】諦めてしまう原因や解決方法をかんたんに紹介!

 

こんにちは、どんまです。(@donnmablog

 

馬蜂くん
ねぇねぇ、明日一緒に遊ばない?
どんま
えっ?今週末TOEICのテスト受けるって言ってなかったっけ?

テストで高得点を狙いたいから、しばらく遊べないって。

馬蜂くん
あー、それは諦めた。

今の成績だと高得点取れなさそうだから、もう勉強やめたんだ。

どんま
えーもったいない。

この間まで、資格の勉強もしてたけど、そっちの方はどうなったの?

馬蜂くん
それも、思ったより難しかったから、諦めたよ。

 

馬蜂くんのように途中で諦めてしまう人は多く、諦め癖がついて悩みを抱えてる人も沢山います。

だけど、何でもすぐに諦めてしまうのはもったいない!

 

そこで今回は、

世間の声
諦め癖がついてしまう原因を知りたい!

世間の声
諦め癖を直したい!

世間の声
諦め癖のデメリットを知りたい!

 

こんな人にオススメの記事になっています。

 

諦め癖の4つの原因とは?

 

 

かんたんに諦めてしまうのには、4つの原因があります。

 

1、自信がない

 

1つ目の原因は、自信がないから。

 

何か物事をやろうとしても

「自分には達成できない」

「難しくて自分じゃ無理だろう」

 

こんな思考回路になってしまう。

 

馬蜂くんは、先ほどこんなことを言っていました。

馬蜂くん
あー、それは諦めた。今の成績だと高得点取れなさそうだから、もう勉強やめたんだ。

 

考えてみてください。

TOIECのテストを受けてみないと、自分の本当の成績は分かりませんよね。

しかし、諦め癖がついている人は自信がなくて、自分には出来ないと思い込んでいるのです。

 

2、好きなことではない

 

2つ目の原因は、好きなことではないから。

 

多くの人は、好きなことに対しては行動しやすくなる。

逆に嫌いなものに対しては、行動するのが苦になりやすい。

 

諦め癖が出やすいのは、自分が好きではないことをしてるとき。

なぜなら、好きでないものでは、我慢したり踏ん張る必要性が見えてこない。

 

だから、単純に好きでない分野ばかりやっているから、すぐに諦めてしまうというパターンは多い。

 

3、最初から目指す位置が高すぎる

 

3つ目の原因は、最初から目指す位置が高すぎるから。

 

例えば、

  • 副業で年収5億円稼ぐ!
  • 副業で月5万円稼ぐ!

 

これらの2つの目指す位置があったら、後者の方が現実味があり、達成できそうですよね。

 

今現在、副業で年収3億円ほど稼いでるなら、前者の方を実現させる可能性はあります。

しかし、いきなり5億円を目標にしてしまうと、ハードルが高すぎてしまいます。

 

「こんなに頑張ってるのに、目標までほど遠い…」

「これじゃあ、目標達成できないわ…」

 

こんな思考になってしまい、物事を諦めてしまう。

だから、実力がなかったり気合がないのではなく、目標の設定ミスから諦め癖がついた可能性もあります。

 

4、状況が変わらないと思い込んでる

 

4つ目の原因は、状況が変わらないと思い込んでるから。

 

例えば、

「頑張っても状況が良くなるはずない」

「諦めないでやっても、達成できるはずない」

 

こんなネガティブな考えです。

今ある状況が改善されたり、環境が良くなることを考えられなくなっている。

 

すると、諦めた方が楽だし、どうせ諦めるなら早い方が良いと、自分自身で諦める方向に進めてしまう。

つまり、自分自身の主観的な判断で可能性を消しているのです。

 

どんま
状況が変わらないと思い込み、ネガティブな選択を取ることを、学習性無力感とも言うよ

【心理学】学習性無力感の克服法とは?実験や具体例を含めて解説!

諦め癖がもったいない3つの理由!

 

 

諦め癖がついている人はもったいない。

その理由は3つあるので、順番に説明していきます。

 

1、自己肯定感が下がってしまう

 

理由の1つ目は、自己肯定感が下がってしまうから。

 

例えば、

  • 自分は何も続かない人なんだ
  • 目標を達成することは不可能なんだ
  • 周りは出来ているのに、自分には出来ない

 

こんな感じで、自分自身を否定的に見てしまう。

でも実際には、諦めてしまう原因は、能力が無かったり根性が足りないわけではない。

 

先ほども紹介したように、原因はこれら。

  • 好きではないこと
  • 目標が高すぎる
  • 出来ないという思い込み

 

自分が悪いわけではなくて、ただ単に諦めやすい環境を作ったり、考え方をしているだけなのです。

 

2、成果を出しづらい

 

理由の2つ目は、成果を出しづらいこと。

 

自分の実力や能力は、いつどのタイミングで向上するかは分からない。

さらに、環境や状況だって、続けていれば次第に改善していくこともある。

 

ところが、すぐに諦めてしまうと、良い方向に進む前に、自分から身を引いてしまう事になる。

それでは、いつまで経っても成果があげられない。

 

新しいことを始めたとしても、また成果が出る前に諦めてしまうという、負のループが待ち受けているのです。

 

3、時間やお金を浪費してしまう

 

3つ目の理由は、時間やお金を浪費してしまうこと。

 

どんな物事だって、時間やお金を使いますよね。

 

大きな失敗をしてしまい、続ける必要性がなくなり、やめていくのはしょうがないこと。

その失敗からは、次へと活かすための学びが沢山あります。

 

ところが、少しの失敗や思い込みによって、自分自身で可能性を消してしまうのは違う。

その場合、失敗から学ぶことも少なく、ポジティブな切り替えができるわけではない。

 

少し厳しい言い方ですが、私たちに大切な時間やお金を浪費しているだけなのです。

ですから、かんたんに諦めてしまうのは、色んな面から非常にもったいない行為になります。

諦める癖を改善する3ステップ!

 

 

馬蜂くん
諦める癖を直したいよー
どんま
大丈夫、うまく行動できればきっと直るはず。

今回は諦め癖を直す、3ステップを紹介していくよ。

 

  1. 過去と現在を切り離す
  2. 具体的で達成しやすい目標を作る
  3. 少しずつ行動していく

 

順番に見ていきましょう。

 

ステップ1、過去と現在を切り離す

 

ステップ1は、過去と現在を切り離す。

これは、心構えの部分になる。

 

諦め癖がついてる人は、諦めてしまったのが一度ではないはず。

過去に何回も諦めてしまうと、自己肯定感が下がり、ネガティブになりやすい。

その状態では、自分自身で可能性を消してしまうし、再度諦めやすくなる。

 

だから、そんな過去の自分とは1度離れてみよう。

過去の自分は、過去の自分。今の自分は、今の自分。

 

過去に失敗した、諦めたからといって、それが未来でも起こるとは限りませんよね。

 

だから、諦め癖の自分はきっと改善できる。

そう胸を張って自信を持ち、次のステップに進んで欲しい。

 

ステップ2、具体的で達成しやすい目標を作る

 

ステップ2は、具体的で達成しやすい目標を作ること。

 

先ほども紹介したように、目標が高すぎてしまうと、諦めやすくなる。

だから、目標を自分が達成しやすく、尚且つ細かく分かりやすいものにしましょう。

 

例えば、

  • YouTubeで月に5本の動画を出し、来年までに月5万円を稼ぐ!
  • TOEICのテストを3ヶ月間勉強し、点数を200点上げる!
  • 毎日最低30分ずつ本を読み、月に4冊読み終わる!

 

こんな感じに、どんな目標でも良いので、自分に合ったものを作り上げていきます。

目標が出来上がったら、ステップ3に進みます。

 

スティプ3、少しずつ行動していく

 

ステップ3は、少しずつ行動していくこと。

作り上げた目標に向かって、少しずつ行動していきましょう。

 

無理に毎日追い込みすぎる必要はありません。

本来の目標は、あくまでも諦め癖の改善です。

 

なので、自分が作り上げた目標を達成できなかったり、その過程で目標に近づかなくてもネガティブにならなくても大丈夫。

少しずつ続けて、長期的に見て前に進めていればOKなのです。

 

少しずつ行動して、長期的にやっていると、自分の能力が伸びるタイミングや目標に近づいたり、達成できるタイミングがきます。

 

すると、

「自分にもできた」

「諦めないで続けられた」

と思えるようになります。

 

これらのポジティブな感覚を忘れないようにして下さい。

 

そして、目標が達成できたのなら、またステップ2から新しいことを始めて続けていきます。

これを繰り返すことで、自然と諦め癖はなくなっていくはずです。

 


馬蜂くん
僕も諦め癖を克服して、良い未来を作り上げるぞー!

どんま
諦め癖がなくなれば、きっと心豊かなライフスタイルを送れるよ!

 

お疲れ様、最後まで読んでくれてありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です