【完璧主義が辛い】そんな自分をやめる3つの方法!【楽に生きよう】

どんま
こんにちは、どんまです。(@donnmablog

 

鳥亀ちゃん
あーもう嫌だ
どんま
どうしたの?
鳥亀ちゃん
何もかも完璧にしたくなって手が抜けないの。

そんな自分にだんだん辛くなって、心が病みそう…

どんま
大丈夫だよ、完璧主義は軽減することができるからね。

 

完璧主義者は意外に多いです。

完璧を目指すこと自体は悪くないのですが、強く働きすぎると、生活に支障が出てしまう。

だから、少しぐらい心に余裕を持てた方が、豊かなライフスタイルを送れるはず。

 

なので今回は、

世間の声
完璧主義で辛い…

世間の声
完璧主義をやめたいよー

世間の声
完璧主義の治し方が分からない!

 

こんな悩みを解決していきます。


 

完璧主義が辛い人は多い?

 

 

まず話しておきたいのは、完璧主義を辛いと思っている人はとても多い。

周囲から見たら何ともなくても、完璧があるがゆえに悩んでいる人は沢山いる。

 

どんま
完璧主義で悩んでいる人は、自分だけじゃないから安心して。

 

完璧主義が辛くなる理由は5つあります。

1、挑戦できなくなるから

2、自分自身を見張っているから

3、周囲にも完璧を求めてしまうから

4、効率が悪くなるから

5、ネガティブに捉えてしまうから

 

1つずつ説明していきます。

 

1、挑戦できなくなるから

 

完璧主義であると、挑戦できなくなる。

準備に時間をかけたり、失敗しない方法を試そうとするから。

 

普通なら、ある程度の準備があれば挑戦できる。

けれど完璧にしたい人は、失敗しないように十分な準備を整えたくなる。

 

準備だけに時間がかかりすぎて、いつまで経っても挑戦できないままになるのです。

 

2、自分自身を見張っているから

 

自分自身を常に見張ってしまう。

つまり、気にしなくても良いことまで気にする。

 

例えば

  • さっきの言葉は合っているのだろうか?
  • 自分の行動は本当に正しいのだろうか?
  • 上手く出来ている?妥協はしていない?

 

こんな感じで、常に自分自身を見張って、自分に対して良し悪しをつける。

普通なら気にしない、小さなことまで判定してしまい、だんだんと疲れてくるのです。

 

3、周囲にも完璧を求めてしまうから

 

周囲にも完璧を求めすぎてしまうことがある。

 

自分に厳しいぶん、周囲に対しても厳しくなる。

自分は自分、他人は他人と分けられないのです。

 

周囲の言動にも目がいってしまうと、人間関係のトラブルになりかねませんし、心もより辛くなるはず。

 

4、効率が悪くなるから

 

効率も悪くなってしまう。

 

70%、80%ぐらい仕上げれば良い作業でも、100%を目指してしまう。

 

大切なものなら、100%を目指した方が良いですが、世の中それだけではありませんよね。

手を抜いた方が効率的なモノも沢山ある。

 

完璧主義者は、手を抜けないことが多いので辛くなるのです。

 

5、ネガティブに捉えてしまうから

 

ネガティブに捉えてしまうことも多いです。

 

例えば、テストで90点を取ったとする。

テストで90点取ることは凄いことなので、嬉しく感じて満足します。

 

しかし、完璧を求めてしまうと、間違った10点分の方に目がいってしまう。

つまり、ネガティブな方向を気にしがち。

 

日頃からネガティブが蓄積すると、だんだん辛くなるのも無理はない。

完璧主義者の4つの原因とは?

 

 

どんま
どんな物事でも理由があるように、完璧主義者になった原因もあるよ。

自分に当てはまるものがあるかを確認してみてね。

 

1、過去の経験

 

過去の経験が大きな影響を与えていることが多い。

 

例えば

  • 少しでもダメだと怒られた
  • 常に周囲と比較される環境
  • 成功しても褒められない

 

過去の経験は人格形成に強く働きかける。

だから、上記の例のような体験をしていると、この体験で感じたことが普通になる。

 

すると、完璧を求める自分が習慣化し、抜け出せなくなるのです。

 

2、承認欲求が強い

 

承認欲求が強い場合も多い。

 

例えば

  • みんなから褒められたい
  • 周囲から認められたい
  • 凄いところや頑張ってるところを知ってもらいたい

 

70%、80%よりは、100%のモノの方が周囲からの評価が高いですよね。

だから、完璧に近いものを目指すことで、承認欲求を満たそうとするのです。

 

3、理想への欲が強い

 

理想への欲が強いのも1つの原因。

 

多くの人は、理想を持っていても現実にするのは難しいので、理想を諦めることが多い。

だけど完璧主義者は、理想への欲を捨てずに強く求める。

 

理想を求めること自体は悪い行為ではありません。

しかし、周囲の人に理想を突きつけたり、理想の環境を求めすぎるのは無理があります。

 

理想を求めすぎるのを、青い鳥症候群というので、この記事もチェックしてみてください。

【青い鳥症候群】現実に満足できない人の4つの原因と克服法!

 

4、真面目・責任感が強い性格

 

真面目であったり、責任感が強い性格も原因の1つ。

 

真面目であると、ついつい100%を目指して、自分に妥協が出来なくなる。

責任感が強いと、損切りしたり手抜きが出来ない。

 

元々の性格によって完璧を求めてしまうというパターンも多いのです。

 

完璧主義をやめる3つの方法!

 

 

完璧主義をやめる方法を紹介していきます。

 

方法は3つ。

1:完璧よりも完了を目指す

2:無意味な時間を増やす

3:思いやりを持ち感謝する

 

1、完璧よりも完了を目指す

 

1つ目の方法は、完璧よりも完了を目指すこと。

 

どんなことでも完璧を求めすぎると、始まらないし終わらない。

だから、時間や量を基準として完了を目指す。

 

例えば

  • 1時間勉強をする
  • プレゼンテーションを今日中に完成させる
  • まずはブログ1本書いてみる
  • 部屋全体をかるく掃除する

 

完璧である必要はなく、決めた時間だけやったり、最後まで終わるように意識する。

完了を目標にすることで、完璧すぎるのを防げるはず。

 

どんま
100点を目指すわけではなく、80点ぐらいを目指すと良いよ。

 

80点で良いの?と感じる人もいると思います。

これは、時と場合によります。

 

重要で100%を目指すべきものは、100%を目指した方が良いかもしれない。

反対に大抵のことは80%ぐらいの出来で良く、完了するのに意味がある事が多い。

 

だから、自分の状況によって使い分けてみてください。

2、無意味な時間を増やす

 

2つ目の方法は、無意味な時間を増やすこと。

 

完璧主義は、ある意味心に余裕がない状態。

なぜなら、完璧である必要はないのに、色々と求めすぎるから。

 

そこで、無意味な時間を増やしてみる。

何でもない無意味な時間を怖く感じる人もいるはず。

 

けれど、普段から完璧を求めすぎる人にとっては、無意味な時間は新鮮なもので、心に余裕を持たせる機会を与えてくれる。

 

「求めすぎる必要はない」

「完璧でなくて大丈夫だ」

 

だんだん、こんな考えをするようになるはず。

心の余裕ができて、少しだけ手抜きをする大切さが分かるようになります。

 

3、思いやりを持ち感謝する

 

最後の方法は、思いやりを持ち感謝をすること。

 

完璧になるのは非常に難しく、容易になれるわけではない。

完璧でない自分や、他人、環境などは、決して努力を怠っているわけではありません。

 

だから、不完全な自分、他人、環境などに思いやりを持って受け入れてあげましょう。

同時に「いつもありがとう」と感謝を持ちます。

 

どんま
自分や、他人、環境などに優しく接するイメージだよ。

 

これが出来ると、完璧でないものも認められて、好きになっていくでしょう。

 

鳥亀ちゃん
色々と背負いすぎたみたい。

今日からでも3つの治し方を試してみる!

どんま
そうだね、人間完璧である必要はないことを覚えておいてね。

 

お疲れ様、最後まで読んでくれてありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です