【マジカルナンバー】短期に覚えられる量には限界がある!

 

どんま
こんにちは、どんまです。(@donnmablog

 

このブログを選び、読んでくれてありがとうございます!

今回は心理学用語の『マジカルナンバー』について紹介していきます。

 

いきなりですが、皆さんは自分の記憶力に自信がありますか?

実は、普通の人が短い間に記憶できる量は決まっていて、そのことについて詳しく解説します。

 

これらが分かる記事!

  • マジカルナンバー7±2
  • マジカルナンバー4±1
  • チャンクの意味や使い方

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

マジカルナンバー7±2とは?

 

 

マジカルナンバー7±2とは

人間は、文言や記号を1度聞いて記憶できる量や、短い間に記憶できる量は、7±2とするもの

 

7±2とは、5個(7ー2)から9個(7+2)までの事を言う。

つまり、人間の短期記憶ではせいぜい5〜9個の文言や記号を覚えられる程度です。

もちろん、5個以下でも覚えられます。

 

どんま
短期記憶とは、文字から分かるように、短い間しか記憶できないものだよ。

例えば、誰かの電話番号や、歴史の年号など。

でも、自分の電話番号や、テスト勉強のために覚えた歴史の年号などは、何回も復習されて長期記憶に変わっているから、長い間覚えていられるんだ。

 

マジカルナンバー7±2を発見したのは、アメリカの心理学者である「ジョージ・ミラー氏」です。

彼は同時に『チャンク』と言う心理学用語も作り出した。

 

チャンクとは

人が記憶する際の情報のかたまりのこと

 

例えば

「あ・こ・ね・ま・と・さ・く・さ・も」

 

上記だと、平仮名が9つに分かれているので、9チャンクになる。

 

ちなみに、マジカルナンバー7±2では、5〜9チャンクまでは短期で覚えられる。

皆さんも上記の平仮名の列ぐらいなら覚えられるはず。

 

これはどうでしょう。

「あ・こ・ね・ま・と・さ・く・さ・も・よ・に・さ・ち・む・ま」

 

15チャンクにしました。

どうでしょうか?覚えにくいですよね。

人間には、9チャンク以上は少し長く感じて、短い間では覚えるのが大変になる。

 

実は、チャンクは情報のかたまりなので、何も1文字1記号にこだわる必要はないです。

下記を見てください。

 

「あこね・まとさ・くさも」

9チャンクだったのを、3つのかたまりに変えてみました。

この場合、3チャンクに変化しているから、一気に覚えやすくなったはず。

 

チャンク数を変化させることが、記憶の手助けをするのです。

 

マジカルナンバー4±1の登場!

 

 

マジカルナンバー7±2は「1956年」にジョージ・ミラー氏によって提唱された。

その後も色々と研究がされてきて、マジカルナンバー7±2の異論として、新しいマジカルナンバーを提唱する人が現れた。

 

アメリカの心理学者である「ネルソン・コーワン氏」は2001年に新しいマジカルナンバーを発表した。

その名は『マジカルナンバー4±1』

 

マジカルナンバー4±1とは

人間は、文言や記号を1度聞いて記憶できる量や、短い間に記憶できる量は、4±1とするもの

 

つまり、人の短期記憶で覚えられる量は、せいぜい3〜5チャンクだよね?と言うこと。

 

確かに5チャンクぐらいなら覚えられる。

「あこね・まとさ・くさも・ねきお・まつの」

 

でも、三文字ごとの9チャンクは、さすがにキツく感じるはず。

下記のような感じ。

「あこね・まとさ・くさも・ねきお・まつの・はじま・くてい・もすさ・はずか」

 

馬蜂くん
結局どっちを信じれば良いの?
どんま
僕的には、最近発表されたという理由もあって、マジカルナンバー4±1の方かな。

やっぱり、人間はすぐに忘れてしまう生き物だから、たくさん覚えるのは大変だからね。

どっちにしろ、チャンク数が少ない方が覚えやすいから、マジカルナンバー4±1に合わせて生きた方が良さそう。

日常のマジカルナンバー4±1

 

 

私たちの周りには、人々が覚えやすいように、マジカルナンバー4±1に合わせたものが数多くある。

 

例えば

  • 携帯電話:080-XXXX-XXXX(3チャンク)
  • 郵便番号:XXX-XXXX(2チャンク)
  • クレジットカード:XXXX XXXX XXXX XXXX(4チャンク)
  • 緊急電話:110、119、118など(それぞれ3チャンク)
  • 車のナンバー(2チャンク)
  • 部屋番号(1チャンク)
  • 日付:20XX年 X月 X日(3チャンク)

 

こんな感じで、マジカルナンバー4±1は、私たちの日常と深い関係にある。

マジカルナンバーを上手く利用できれば、良い効果を得られるので、次の章で紹介していきます。

 

マジカルナンバーの活用方法とそのメリット!

 

 

マジカルナンバーを意識すると、色んな場面で良い影響を与えることができる。

方法とメリットを紹介していきます。

 

記憶に残りやすい

 

まずは、チャンク数を減らすことによって、記憶に残りやすくなる。

 

電話番号を例にしてみましょう。

  • 080103X667X

 

これだと分かりづらいので、3チャンクにします。

  • 080-103X-667X

 

これで、分かりやすくなったはず。

 

英単語でもいけます。

  • unemployment=失業

これだと少し覚えづらいので、分解してみる。

 

  • un-employ-ment

複雑な英単語も見やすくなり、覚えやすくなりますよね。

 

文章でもいけます。

  • 毎日夜17時から東京都にある実家で英語の勉強をすることで、英語力が養われるだけでなく、勉強をするという習慣化にもつながり、長い受験勉強を乗り切る忍耐力と難しい問題を解く力がついた。

 

これを3チャンクにします。

  1. 毎日夜17時から勉強
  2. 英語力が養われて、英語の勉強が習慣化した
  3. 忍耐力と問題を解く力がつく

 

長い文章を覚えるのは大変ですが、チャンク化してあげることで、記憶に残りやすくなります。

 

情報が整理される

 

情報を整理することができる。

 

情報がたくさんあるご時世では、情報過多になったり、無駄な情報が入りがち。

すると、課題を理解したり、意思決定をするのが困難になることがある。

 

それを防ぐためにも、チャンク数を減らすことで、必要な情報が整理されていきます。

 

例えば、

  • ある情報を集めるためには、検索結果上位5記事だけ読む
  • どの商品を買うか迷ったときには、売れ筋上位3位以内から選ぶ
  • 重要なポイントは3〜5つぐらいにまとめる
  • 1日の予定は3〜5つにする

 

たくさんの中から選んだり、やる事を増やしすぎると大変で、疲労もしやすい。

だからチャンク数を減らし、よりシンプルにしていくのが大切です。

 

強い印象を与えられる

 

相手に対して、強い印象を与えることができます。

 

例えば、自己紹介をするときに、ベラベラ色んなことを話したとしても、相手は覚えきれないですし、どんな人だったか忘れがち。

なので、本当に紹介したいポイントだけ、まとめて話すと良い。

 

これは、プレゼンテーションなどでも効果が得られる。

何かを紹介するときには、大事だと思われるポイントを3〜5つぐらいに絞って強調していく。

他の部分は、場合によっては軽く紹介したり、削ったりしても大丈夫です。

 

良い例だと「スティーブ・ジョブズ

「iPhone」を初めて開発して、大勢の前で紹介した歴史的なプレゼンテーションがあります。

 

その中でジョブズはiPhoneの重要なポイントを3つだけ紹介した。

  • ワイド画面タッチ操作のiPod
  • 革命的携帯電話
  • 画期的ネット通信機器

 

3つに絞ったことで、聴衆たちに強い印象を与えましたし、記憶にも鮮明に残りました。

 

だから、マジカルナンバーを意識することで、相手の印象操作もできるのです。

 

以上がマジカルナンバーの紹介でした。

ぜひ皆さんも、日常から取り入れてみてくださいね。

関連する用語

 

どんま
関連する用語です。

記事もあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

松竹梅の法則
  • 3つの選択肢があるときに、人は真ん中を選びやすい法則

【松竹梅の法則】とは?人は真ん中を選ぶのが好き?

 

ジャムの法則
  • 人は選択肢が多いと、選ぶ行為を先伸ばしたり、選ぶのをやめたりする法則

【ジャムの法則】ジャムの売れ行きから証明された人間の法則!

 

少数の法則
  • 試行回数が少ないにも関わらず、そのデータを信じて疑わないこと

【少数の法則】間違った選択をするのは、情報量が少ないからです。

 

お疲れ様、最後まで読んでくれてありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です