【As If(アズイフ)の法則】幸せになる近道は、笑ってみること

 

どんま
こんにちは、どんま(@donnmablog)です。

 

今回は心理学用語の『As If(アズイフ)の法則』について紹介していきます。

 

いきなりですが、幸せであるかのように笑ってみてください。

 

どうでしょうか?幸せに感じられましたか?

もし、少しでも幸せに感じられたなら、アズイフの法則のおかげかもしれないです。

 

このアズイフの法則、とても大きな効果を持ちます。

上手に使うことで、なりたい自分に近づくことだって可能なので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

こんな人にオススメの記事!

  • アズイフの法則を知りたい人
  • 理想の自分に近付きたい人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

As If(アズイフ)の法則とは?その意味は?

 

 

まずは、英語の『As If』の意味

・まるで〜であるかのように

・まるで〜するかのように

 

これを踏まえて、As If(アズイフ)の法則の意味を見ていきます。

 

As Ifの法則(アズイフ)とは

まるで〜のように行動することで、本当にそうなる現象

 

つまり、「幸せになりたかったら、幸せであるかのように笑えば良い!」ってこと。

 

この法則を提唱した「リチャード・ワイズマン氏」はこんな事を言っています。

人はあたかもそれを体験したかのように行動しさえすれば、いかなる感情でも望み通りに作り出せ

はずである。

ジェームズの言葉を借りるなら、幸せになりたければ、すでに幸せであるかのように行動すればいいのだ

 

笑顔が幸せを作り出すと言っていますね。

この考え、笑顔と幸せの間だけに当てはまるものではなく、他にも色んなものに関係する。

 

まずは、世間一般の考え。

  • 怖いから逃げる
  • 悲しいから泣く
  • 不安だから弱気になる
  • 楽しいから興味を持つ
  • 自信があるから、自信があるように振る舞う

 

これらを見たら分かりますが、普通で当たり前の考えですよね?

 

しかし、「リチャード・ワイズマン氏」はこの考えは誤りで、実際には逆の現象になっていると言っています。

 

例えば

  • 逃げているから、怖くなるんだ
  • 泣いているから、悲しいんだ
  • 弱気だから、不安になるんだ
  • 興味を持つから、楽しいんだ
  • 自信があるように振る舞うから、自信がつくんだ

 

馬蜂くん
いやいや、ちょっと待ってよ!

こんな考え、信頼できるの?

どんま
今までの常識を覆す考えで、不思議に思うのもしょうがないね。

でも、実際にアズイフの法則を証明する実験があるから、みんなに紹介していくよ。

 

幸福度を高める実験!

 

 

「リチャード・ワイズマン氏」は26000人という数多くの人に実験をしました。

 

実験の内容

 

まずは、実験参加者たちを、いくつかのグループに分ける。

それぞれのグループには、幸福度を高める可能性がある方法を試してもらった。

 

例えば

  • 感謝の気持ちを持つ
  • 自分は幸せな人だと考える
  • 幸せだった時の記憶を思い出す

 

それとは別に、あるグループには、この方法を試してもらった

「毎日数秒ずつ笑う」

 

どのグループも、与えられた方法を一週間試してもらい、そして幸福度を測った

 

 

実験の結果

 

毎日数秒ずつ笑ったグループの幸福度が一番高かった

 

 

馬蜂くん
こんな大勢の人に実験して出た結果だから、信用できるかも…
どんま
絶対に正しいとは言いけれないけど、本当に効果があるのかもね。

As If(アズイフ)の法則を活用してみる!

 

 

効果がありそうなら、実際に使ってみた方が良いはず。

そこで、今回はアズイフの法則の活用方法をお教えします。

 

先ほども紹介したように、アズイフの法則は「まるで〜のように行動する」ことが大切。

これが出来ると、なりたい自分に近づくチャンスが作れる。

 

そのために、3つの部分を変化させてみると良い。

  1. 環境
  2. 行動や仕草
  3. 身なり

 

順番に説明していきます。

 

1、環境

 

人間は、環境から大きな影響を受ける。

だから、理想の自分がいるような環境に近づけることが良い。

 

例えば

  • 理想の自分は、どんな人と関わっているか
  • 理想の自分は、どんな所に住んで、どんな生活を送っているか
  • 理想の自分は、どんな考えを持って、どんな行動をしているか

 

このあたりを意識してみてください。

そして、実際に理想の自分がいる環境に近づけて、生活をしてみます。

 

もう一度言いますが、環境からの影響は本当に大きいので、理想の自分に近づくチャンスは上がるはずです。

 

2、行動や仕草

 

理想の自分は、どんな行動や仕草をしているでしょうか?

それをイメージして、行動や仕草を変えてみる。

 

例えば

  • 自信が欲しいなら、自信があるように行動する
  • モテたいなら、モテているように振る舞う
  • 可愛くなりたいなら、可愛い人がやる仕草をやる
  • 幸せになりたいなら、いつも笑顔でいる

 

こんな感じで、自分の理想のイメージと、普段の自分の行動・仕草を合わせていきます。

正直、行動や仕草は習慣的なものなので、変えていくのは難しい。

 

でも、なりたい自分に近づくためにも、やってみる価値は大いにありです。

 

どんま
僕の周りでも、憧れの人がいる人は、良い意味でその人に近づいている気がする。
おそらく、無意識に憧れの人の行動や仕草を真似しているからだと思う。

 

3、身なり

 

身なりから入ることも、とても大事。

 

スポーツや新しい趣味などを始めた時に、良い道具を揃えたり使ったりする事を、形から入ると言いますよね。

この行為は、アズイフの法則から考えると、上達を早くさせる。

 

他には、こんなものも挙げられます。

  • 自信をつけたいなら、自信がないと着れない服を着る
  • お金持ちになりたいなら、少し高級なアイテムを持つ
  • エリートサラリーマンになりたいなら、良いビジネススーツを着る

 

これを見て

「見た目ばかっり気にするのはダサくね?」

「見た目に自分が追いつかなくなりそう…」

と思う人もいるはず。

 

でも、アズイフの法則を信じるなら、形から入るものオススメです。

 

As If(アズイフ)の法則の注意点!

 

 

まずは、この実験を見てください。

 

実験の内容

 

バスの運転手を対象にした実験。

バスの運転手78人をこう指示した。

「お客さんに対して笑顔をたくさん振る舞ってください。」

そして、実験が終わってしばらく時期が経った後、バスの運転手たちの状況を確認する。

 

 

この実験の結果は驚くものになりました。

なんと、お客さんに対して笑顔で振る舞うのを、嫌々とやっていたバスの運転手たちは、実験後「不眠症・うつ症状・家族との争い」などが増えたのです!

 

ここから分かる、アズイフの法則の注意点は、

  • 理想としない自分に無理になろうとすると、精神的にダメージを食らう

 

だから、アズイフの法則は、理想とする自分に対しては働くが、意図しないのに無理やり使うのは良くない。

 

どんま
アズイフの法則を試すときは、自分にこの方法が合っているか確認しながらやってね。自分の心身の健康は大切だから、無理のないようにしましょう!

関連する用語!

 

どんま
As If(アズイフ)の法則と関連する用語です。

記事もあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

プラシーボ効果
  • 思い込みによって効果や影響が変わる現象

【心理学】プラシーボ効果の意味とは?実験や実例を含めて解説!

 

気分一致効果
  • 気分や調子が良い時は、出来事の良い部分が見えやすく、気分や調子が悪い時は、出来事の悪い部分が見えやすい現象

【気分一致効果】あなたの気分次第で見えている世界が違う?

 

フレーミング効果
  • 同じ内容を表すものでも、表現方法が異なるだけで受け手の感じ方が変わる現象

【心理学】マーケティングで必要なフレーミング効果とは?その具体例や応用方法!

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です