【少数の法則】間違った選択をするのは、情報量が少ないからです。

 

どんま
こんにちは、どんまです。

今回は『少数の法則』を紹介していくよ!

 

どんな人でも「間違った選択」や「好ましくない選択」をしたことがありますよね。

そんな時に、いろいろ理由を考えるはずです。

 

「なんで間違えたんだろう?」

「経験的に言ったら、合ってるはずなんだけどな」

 

ですが「間違った選択」や「好ましくない選択」は生きてる上では避けられないものです。

 

その理由の1つを「少数の法則」が教えてくれます。

このページでは、この法則について分かりやすく解説していくので、ぜひ最後まで読んでください!

 

こんな人にオススメの記事

  • 少数の法則の意味を知りたい人
  • 人が間違う理由を知りたい人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

少数の法則とは?その意味は?

 

 

少数の法則とは

試行回数が少ないにも関わらず、そのデータを信じて疑わないこと

 

少数の法則は、大数の法則に関連して証明されたものです。

 

どんま
大数の法則とは、試行回数が増えるほど、結果が理論値に近づくことだよ。

確率論の基本定理の1つでもあるんだ。

 

これだけでは「どういう意味???」ってなる人もいるはずです。

難しく考えなくても大丈夫です。大数の法則はめちゃくちゃ簡単です。

 

例えば、サイコロを振るとします。

サイコロは「1〜6の目」まであるので、それぞれの目が出る確率は6分の1ですよね。

 

もしサイコロを12回ふったらどうなりますか?

理論上でいうと、それぞれの目が2回ずつ出るはずです。

 

でも、実際にはどうでしょう。

 

それぞれの目が2回ずつ出て、「やっぱり確率は6分の1だった!」

って事はあまりないですよね。

 

もしあったとしても、何回もその結果が続かないはずです。

 

ですが、サイコロを振る回数を100回、1万回、100万回と増やすことで、6分の1に限りなく近づいていきます。

 

このように試行回数(サイコロを振る回数)が増えるほど、結果が理論値(6分の1)に近づくのが大数の法則です。

 

本題の少数の法則は、試行回数が少ない状態です。

 

サイコロを10回振って、1の目が5回出て、2〜6の目が1回ずつ出たとします。

 

まだ10回しか振っていないのに、

「1の目が2分の1で、それ以外は6分の1の確率で出るんだ!」

と勘違いします。

 

こう簡単にデータを信じてしまうことを、少数の法則と呼ぶのです。

 

もし、日常に起こるいろんな現象の確率が知りたいなら、この本がオススメです。

難しい確率の分野の話も、簡単に理解できると思います。

 

どんな例がある?

 

 

私たちの世界では、少数の法則が至る所で起きています。

そこで、いくつか例を挙げていきます。

 

飛行機は危険

 

ニュースで飛行機事故を大きく取り上げることがありますよね。

 

それを見た人は、こう思いがちです。

「飛行機は危ない!」

「飛行機に乗るのは怖いな」

 

ですが実際には、飛行機で事故を起こす確率よりも、自動車での事故確率の方が高いのです。

飛行機に毎日乗ったとしても、事故を起こすのは8000年に1度ほどの確率と言われています。

 

それでも、少ない経験や知識により、飛行機は危険だと思い込むのです。

 

〇〇したら太ったor痩せた

 

「〇〇したら太った!」

「〇〇したら痩せた!」

なんていう会話をする時がありますよね。

 

その事実は、何年かの歳月をかけて多くの対象者で調べたわけではなく、一個人のデータですよね。

 

しかし1度結果が出てしまうと、その結果に依存してしまいます。

間違ったデータだとしても、信じてやまないのです。

 

アンケート

 

  • 顧客満足度95%!
  • 80%以上の人が「肯定」しました!

 

こんな言葉聞いたことありますよね。

 

良く考えてみてください。

大切なデータ量が分からないですよね。

 

つまり、どれだけの人を対象にアンケートを実施したのか不明です。

 

少ないデータ量だったら、結果がたまたまの可能性もあります。

しかし、私たちはその結果だけを見て、信頼してしまうのです。

 

同じ結果だとしても、表現の仕方で印象が変わります。

その働きをフレーミング効果とも言います。

 

記事のリンクを貼っておくので、ぜひ読んでみてください。

【心理学】マーケティングで必要なフレーミング効果とは?その具体例や応用方法!

 

少数の法則が働く理由とは?

 

 

少数の法則が働くのには2つの理由があるからです。

 

1、正しい情報を集めきれない

 

先ほども紹介しましたが、飛行機事故よりも自動車事故の方が多いです。

 

ですが、飛行機事故の方がインパクトがありますし、ニュースでも大きく取り上げられます。

その情報が、自然に私たちの目に入ります。

 

自動車事故が多いことも調べればすぐに分かりますが、調べるまでに至らないケースの方が多いです。

 

その結果、正しい情報を集められなくなるのです。

 

2、過去の経験を正しいと思い込む

 

人は過去に経験したことで、物事を判断しがちです。

過去に経験したんだから、この考えは正しいと思い込みます。

 

でも実際には、たった一人の人生ですし、主観的な判断も混じります。

 

なので、自分の経験によるデータは確実とは言えないのです。

人生においてのデメリット

 

 

少数の法則が働いてしまうと、もったいない点があります。

 

「人生においての選択肢を狭めてしまう点です」

 

例えば、

  • 〇〇な人は良くない
  • 〇〇な人は自分と合わない

 

こういった感じで、自分の経験から人を判断します。

 

何度も言いますが、私たちの人生での経験は本当に小さなものです。

個人の試行回数は非常に少ないので、そのデータが正しいとは限りません。

 

ですから、関わらない方が良いと思っている人でも、自分と波長が合う可能性があるのです。

 

このように、選択肢を狭めてしまい機会を逃してしまう点は、デメリットと言えます。

 

どうやって対処すればいい?

 

 

世間の声
どうやって試行回数を増やせば良いの?

 

試行回数を増やせれば、少しは良い選択ができそうですよね。

 

だからと言って、自分で試行回数を増やすのは限界があります。

 

ですが、私たちは非常に良い時代に生まれています。

 

なぜなら、ネットで調べるだけでも多くの情報が出てきます。

無理に自分で試さなくても、他の人の経験によるデータに簡単にアクセスできるのです。

 

でも注意があります。

注意点:匿名のデータは信用しすぎてはダメ!

 

匿名のデータは、あまり信用しない方が良いです。

なぜなら、間違ったデータであっても、責任を逃れやすいからです。

 

どんま
本は、著者の情報が分かるし、人生の経験で学んだことを書いているのでオススメだよ。

 

匿名でのデータとは反対に、本は安易な気持ちで曖昧な情報を書きづらいです。

なので比較的、信用できるのもだと思います。

 

ぜひ皆さんも、正しいデータを手に入れ、「間違った選択」や「好ましくない選択」を避けてください!

少数の法則のまとめ

 

少数の法則とは

  • 試行回数が少ないにも関わらず、そのデータを信じて真実だと思うこと

 

 

少数の法則が働く理由

  • 正しい情報を集めきれない
  • 過去の情報を正しいと思い込む

 

 

少数の法則の対処法

  • ネットや本でデータを集める

 

その際の注意点

  • 匿名のデータは信用しすぎない

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です