【ジャムの法則】ジャムの売れ行きから証明された人間の法則!

 

どんま
こんにちは、どんまです。

今回は『ジャムの法則』について紹介していくよ!

 

どんな人でも、

「選択肢が多すぎて選べないっ!!」

「自分って優柔不断なのかな…」

 

こんな事を体験したことがありますよね。

 

この現象を心理学では、ジャムの法則と言います。

 

このページ内では、ジャムの法則について簡単に解説していくので、ぜひ最後まで読んでください!

 

こんな人にオススメの記事

ジャムの法則を知りたい人

マーケティングで使える心理学を知りたい人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

ジャムの法則とは?その意味は?

 

 

ジャムの法則とは

人は選択肢が多いと、選ぶ行為を先伸ばしたり、選ぶのをやめたりする法則

 

別名で『決定回避の法則』や『選択のパラドックス』と呼ぶこともあります。

 

皆さんも「選択肢多すぎて、なかなか選べない!」という経験があるはずです。

 

心理的な視点で見ると、その現象はいたって普通です。

なぜなら人間は、たくさんの選択肢を与えられるのが苦手だからです。

 

その結果、優柔不断に見えてしまう事もあります。

 

ジャムの実験!

 

 

ジャムの法則は、実験できちんと証明されているため、とても信頼を持てます。

 

実験は、社会心理学者でコロンビア大学の教授でもある「シーナ・アイエンガー氏」によって行われました。

 

どんま
TEDに登壇したこともある人だよ!

 

さっそく見ていきましょう。

 

実験の内容

 

スーパーマーケットで、ジャムの試食ができる2つのテーブルを作った。

 

Aテーブル:6種類のジャムを並べた

Bテーブル:24種類のジャムを並べた

 

それぞれ、どれくらいの「試食率」と「購入率」があるのかを調べた。

 

 

実験の結果

 

「試食率」

Aテーブル(6種類のジャム):テーブルの前を通った40%の人が試食した

Bテーブル(24種類のジャム):テーブルの前を通った60%の人が試食した

 

「購入率」

Aテーブル(6種類のジャム):試食した人の30%

Bテーブル(24種類のジャム):試食した人の3%

 

 

見てわかるように、種類が多い方が試食してくれやすいです。

 

その反面、購入率は種類が少ない方が高いです。

30%÷3%=10

購入率の差は、なんと10倍ほどあります!

 

鳥亀ちゃん
じゃあ、種類少ない方がみんな買ってくれるし良いじゃん!
どんま
でも、話はそこまで単純じゃないんだ。

 

確かに実験内では、ジャムの種類が少ない方が購入率が上がっています。

 

けれど、それは同じ人数のお客さんを集められたときに限ります。

実は、種類が多い方がお客さん自体は集まりやすいのです。

 

さらに、1種類のジャムしか売っていないなら、自分が欲しい味がない時点で買いませんよね。

それを踏まえると、種類が少ない方が必ずしも良いとは言えないのです。

 

なので、「集まるお客さんの人数、商品の種類、購入率のバランス」が大事になります!

 

 

なんで、ジャムの法則が働いてしまう?

 

ジャムの法則が働きかけるのは、2つの理由があるからです。

順番に見ていきましょう。

 

選ぶのが大変

 

 

1つ目の理由は、選ぶのが大変だからです。

 

人間は、毎日いろんな選択をしています。

朝起きてから夜寝るまで、約35000回ほど決定しているとも言われています。

 

馬蜂くん
多すぎ!

でも、そんなに選択している感覚はないなー

 

私たちは毎日たくさんの選択をしていますが、実はほとんどが無意識のうちにやっています。

しかし、それでも決定回数が多いと疲労として蓄積されます。

 

なので、できるだけ選択回数を減らしたいと思うのです。

 

もしそんな中、目の前に沢山の選択肢が与えられたらどうでしょう?

 

「選ぶの大変だな」

「選ぶのめんどくさいな」

 

多くの人はこう思ってしまいます。

 

その結果、ジャムの法則が働きかけるのです。

 

損したくない

 

 

2つ目の理由は、損したくないからです。

 

選択をした後に、後悔したことって誰でもありますよね。

 

例えば、商品を買った後に

「あっちのが良かったんじゃないかな…」

「思ってたよりも良くないな」

 

こうなってしまうのを恐れます。

 

人はもともと、得するよりも損するのを回避しようとする傾向にあります。

 

どんま
その現象を心理用語で『損失回避性』とも言うよ!

 

選択肢が多い分、他の選択をした自分をイメージしがちです。

その自分と比べて、損した気分になるのです。

 

なので、損するのを避けたいがために、ジャムの法則が働きます。

マーケティングで活用しよう!

 

 

ジャムの法則を知った上で、選択肢が多すぎるのは理想的ではないと分かったはずです。

 

じゃあ、どれくらいの選択肢が最適なのか?

2つのパターンで紹介します。

 

パターンA、5〜9種類

 

これは、7±2(マジカルナンバー)の法則を利用したものです。

 

人間は、7±2(5〜9)の種類からの選択なら、あまりストレスを感じないで選択できるのです。

 

ジャムの法則を証明したシーナ・アイエンガーさん自身も、この選択肢の数をオススメしています。

 

なので5〜9種類の選択肢ならば、ストレスを与えることなく選んでくれます。

 

パターンB、3つ

 

選択肢を3つにすることも良いと言われています。

 

しかし、これは3つとも違う価格の場合に限ります。

 

例えば飛行機の座席だと

  • エコノミークラス 20000円
  • ビジネスクラス  30000円
  • ファーストクラス 50000円

 

こんな感じで、価格の違う3つの選択肢にすると、選んでくれやすくなります。

 

どんま
このことを『松竹梅の法則』と言うよ!

下に記事のリンクも貼っておくので、ぜひ読んでみてね。

 

【松竹梅の法則】とは?人は真ん中を選ぶのが好き?

 

パターンAとBどちらが良いという事はないので、自分にあった方を取り入れてみてください!

 

まとめ

 

このページ内を簡単にまとめていきます。

 

ジャムの法則とは
  • 人は選択肢が多いと、選ぶ行為を先伸ばしたり、選ぶのをやめたりする法則
  • 別名で『決定回避の法則』や『選択のパラドックス』とも言う

 

 

ジャムの法則が働く理由
  • 選ぶのが大変だから
  • 損したくないから

 

 

マーケティングでは
  • 7±2(マジカルナンバー)を利用する
  • 松竹梅の法則を利用する

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です