【心の断捨離】インスタの本垢をやめると良い6つの理由とは?

 

どんま
こんにちは、どんまです。

 

今回は賛否両論分かれる内容を紹介したいと思います。

ズバリ、『インスタをやめると良いのか』というものです。

 

僕は「インスタをやめるに賛成」です。

賛成するに当たった5つの理由があります。

 

ただし、裏アカ(趣味アカ)ならば残していても良いんじゃないかとも思うので、その理由も含めて紹介していきます。

 

こんな人にオススメ

  • インスタをやっている人
  • インスタのデメリットを知りたい人
  • インスタを辞めるか悩んでいる人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

インスタの本垢をやめると良い6つの理由!

 

 

まずは、インスタの本垢をやめると良い理由を6つ紹介していきます。

 

ここでの本垢の定義は、私的に使っていて、知り合いをフォローしているものを指します。

つまり、ビジネスの為のアカウントや、趣味用の裏垢は含めません。

 

本垢をやめると良い6つの理由

  1. 嫉妬する
  2. 時間を割いてしまう
  3. ネガティブな情報が多い
  4. ボッーとする
  5. 比較してしまう
  6. 自己管理しづらい

 

理由1、嫉妬する

 

インスタの本垢を見ると、周囲に嫉妬します。

 

例えば、友達が楽しそうにしているストーリーを投稿したとします。

 

人それぞれ捉え方は変わりますが、もしあなたがつまらない事をしていたり、その瞬間を楽しめていなかったらどうでしょうか?

 

友達の投稿を見て

「〇〇楽しそうだなーいいなー」

「自分は最近楽しい事ないわ」

 

こう気持ちが落ち込んだり、嫉妬心が生まれます。

 

友達だって楽しい出来事があったから投稿しているわけですし、普段から楽しいことばかりではないはずです。

 

偶然そんな人生の良き一場面を見て、嫉妬して気持ちが落ち込むのは良くないです。

 

理由2、時間を割いてしまう

 

インスタを見ると多くの時間を取られます。

 

例えば1日10分しか見ていないとしても、1週間で1時間以上取られることになります。

 

世間の声
1日10分ぐらい良くない?

 

確かに10分が長いか短いかは、人それぞれ感じ方は違います。

でも一年間単位で見たら、60時間を超えるのです。

 

ぜひ、皆さんもインスタの視聴時間を確認してみてください。

10分は結構低く見積もっているので、実際にはもっと長い時間の人が大半なのではないでしょうか。

 

その時間を「やりたかった事」「やるべき事」に費やした方が、未来は大きく変わると思いますよ。

 

理由3、ネガティブな情報が多い

 

これはSNS全般に言えるんですが、とにかくネガティブな情報が多いですよね。

インスタも例外ではありません。

 

昔は画像を使った投稿だけだったので、そこまでネガティブな情報はありませんでした。

 

だけど最近では、1日単位で消えるストーリーが原因で、気軽にネガティブな事を発信できるようになりました。

 

ネガティブ情報(物事への悪口など)を見て、ポジティブな感情になったことがありますか?

あなたにとって得になったことがありますか?

 

きっと、ほとんどないはずです。

 

せっかくのあなたのポジティブな心を、ネガティブな情報に汚染されてしまったら勿体ないですよ。

 

理由4、ぼーっとする

 

インスタを見ると、ぼーっとします(笑)

つまり、無意識になることが多いのです。

 

例えば、ストーリーを見ていたとしても、習慣化されているせいで無意識に見てしまうことがあります。

脳があまり考えていない状態です。

 

何となくインスタ開いて、何となく投稿を見るのです。

それってあまり良いことではありませんよね。

 

だったら、「やりたかった事」「やるべき事」をした方が人生豊かになるはずです。

 

理由5、比較してしまう

 

インスタの本垢を見ると、他人と比較します。

 

例えば

  • 投稿画像の質
  • いいね数やフォロワー数
  • 自分の身の回りの出来事

 

正直他人と比較しても良い感情は生まれづらいです。

他人に勝っても優越感に浸り、負けても劣等感に押しつぶされます。

 

スポーツなどの勝ち負けとはまた違う話です。

なぜなら、インスタの勝ち負けなんて定義されていないんですから。

 

ですから、他人と比較してしまうのは良くないです。

 

理由6、自己管理しづらい

 

インスタは自己管理しづらいです。

 

よくこんな声を聞きます。

世間の声
インスタを使う時間や見る情報を制限すれば良いんじゃない?

 

僕も最初は制限してインスタを使っていました。

だけど、人間の心は弱いものです。

最初はルールを守れていましたが、だんだんと誘惑に負けてルールを破ってしまいました。

 

皆さんの中にも、そういった経験をしたことがある人はいるのではないでしょうか?

 

自己管理は非常に難しいものです。

ですからアカウント削除した方が、案外気持ちが楽になるかもしれませんよ。

やめたら人生が変化した!

 

 

どんま
僕も実際にインスタの本垢を削除したのですが、少しだけ人生が変化しました。

 

ここでは、完全に主観になるのですが、インスタの本垢削除によって人生に与えた影響をお話しします。

 

気持ちが楽になった

 

アカウントを通しての周囲からの監視が無くなったおかげでしょうか?

気持ちが少し楽になった感じがしました。

 

フォローの数やいいね数を気にする必要がない。

誰かに気を使って投稿する必要もない。

 

そんな生活は、無駄な感情に縛られることなく、気持ちが安定しています。

 

使える時間が増えた

 

やっぱり使える時間は増えたような感じがします。

 

何となくインスタを見るといった時間が少なくなり、他の物事に時間を使えるようになりました。

たくさん時間ができたとは言えませんが、ちょっとの時間でも嬉しいです。

 

僕はその時間を使って、今までよりもニュースを見ることにしました。

 

現実をより楽しめるようになった

 

おしゃれな場所や、エモい物が好きな人はたくさんいるはずです。

僕もその一人です。

 

出かけた時には、ついつい投稿のことも考えて、写真をたくさん撮っていました。

 

インスタが無いとしたらその必要もありません。

その場にある、ありのままの楽しさや感情をもっと受け入れられるようになりました。

 

裏アカ(趣味アカ)は残しても良い?

 

 

ビジネス用のアカウントはもちろん続けるとして、裏アカ(趣味アカ)は残すべきかという意見が分かれます。

 

裏垢といってもこんなタイプも存在します。

仲の良い人だけフォローしているアカウント」

 

これは本垢と何ら変わりないので、削除することに賛成です。

 

問題は「芸能人やインフルエンサー・企業やブランド物のアカウント」です。

僕はこのアカウントについては「やめなくて良い」と思っています。

 

理由としては3つあります。

  1. 情報が有益
  2. 趣味は大事にしたい
  3. モデリングできる

 

順番に説明していきます。

 

情報が有益

 

やはり多くのフォロワーを抱えている人たちは、責任を持って情報を発信している人が多いです。

 

フォローが友達や知り合いぐらいなら、多少情報に信憑性がなかったとしても、そこまで大きな問題に繋がりません。

 

だけど「芸能人やインフルエンサー・企業やブランド物」のアカウントはそうはいきませんよね。

嘘の情報を流したりすると、大問題なる恐れがあります。

 

また、ビジネスとしてインスタを運用しているので、良い情報を提供してくれます。

 

なので、有益な情報を得やすいのです。

 

趣味は大事にしたい

 

趣味は大事ですよね。

リラックスや癒しにもなりますし、趣味のおかげで他の物事も頑張れたりします。

 

そんな自分が持っている趣味と関われるアカウントを削除するのは、少し勿体ないです。

 

人生を豊かにするためにも、趣味アカは残すべきだと思います。

 

モデリングできる

 

どんま
モデリングとは観察者が、他人の行動や結果を観察することで、観察者の行動に変化が現れることだよ!

 

つまり、憧れの芸能人を見ていると、その人に似てくることです。

これって良いことだと思いませんか?

 

なぜなら「憧れている=理想」だからです。

憧れの芸能人が、すぐに見ることができるインスタで情報発信しているなら、理想の自分に近づくための補助になるはずです。

 

ですから、趣味アカを通してモデリングできることは、メリットと言えます。

 

モデリングについて詳しく知りたい方は、ぜひこの記事を読んでください!

【心理学】観察学習(モデリング)ってどんな効果がある?その具体例や応用方法!

最後に

 

この記事は、あくまでも僕が本垢を消して良かったと思ったので書きました。

アカウントを消して、その後の人生にどういった反応が起こるかは、人それぞれ違うはずです。

 

この記事をきっかけに、もう1度インスタとの向き合い方を考えてくれれば幸いです。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です