【インポスター症候群】とは?70%の人が1度は経験します!

 

どんま
こんにちは、どんまです。

今回は『インポスター症候群』を紹介していくよ!

 

こんな人にオススメ

インポスター症候群について知りたい人

自己肯定感が低い人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

インポスター症候群とは?どんな意味?

 

 

インポスター症候群とは

物事を成功・達成したとしても、自分の実力だとは思わないこと

 

インポスター症候群を

『ペテン師症候群』や『詐欺師症候群』とも言います。

 

意味だけ見ると「謙虚な人で良いんじゃない?」と感じると思いますが、インポスター症候群は極端すぎます。

 

つまり、自己肯定感が低すぎるのです。

 

70%の人が人生で1度は、この症状を経験すると言われています。

そして一般的には女性の方が、インポスター症候群に陥りやすいと考えられています。

 

しかし、男性の諸君も気をつけてください。

少なからず、男性にもこの症状は見られています。

 

なので、誰にでも起こりえる厄介なものと言えるのです。

 

インポスター症候群の由来!

 

 

インポスター症候群を英語では、「 Impostor syndrome」と呼びます。

 

Impostor(インポスター)を日本語に訳すと

詐欺師」「偽物」といった意味になります。

 

物事を成功・達成すると、周囲の人は評価してくれますよね。

 

一般の人なら、周囲に評価してもらえることで

  • 実力が認められた嬉しい!
  • もっと評価してもらうように頑張ろう!

 

こういう考えになります。

 

けれど、インポスター症候群の人は違います。

 

「自分が実力あるものだと、周りの人を騙してしまった…。本当は大したことないのに」

「みんな、正しく評価できていないんだ!」

 

このようなネガティブな思考回路になりがちです。

 

こういった自分を「詐欺師」「偽物」と重ねてしまう行為から、インポスター症候群という名前がつきました。

インポスター症候群の特徴!

 

 

インポスター症候群が働く人には、3つの特徴があります。

 

順番に見ていきましょう!

 

運や環境のおかげだと思う

 

1つ目は、運や環境のおかげだと思う人です。

 

確かに、強運や環境の良さにより、成功や達成を後押しします。

 

けれど、少なからず本人の努力・頑張りがあることで、良い結果が出て評価されるのです。

 

その自分の努力・頑張りを肯定できず、運や環境ばかりに目がいってしまう点は、この症状の特徴と言えます。

 

実力あるように見せているだけだと感じる

 

2つ目は、実力あるように見せているだけだと感じる人です。

 

これは、先ほどの由来の部分と重複する内容です。

 

一般の人はこんな思考回路です。

「実力がある」→「周囲から評価された」

 

反対にインポスター症候群の人は

自分が実力あるように見せた or 周囲は本当の実力を知らない」→「評価された

 

このように、自分が人を騙したと勘違いするのも、特徴の1つです。

 

周囲からの評価をお世辞だと思う

 

3つ目は、周囲からの評価をお世辞だと思う人です。

 

周囲から、讃辞やポジティブな言葉をもらいます。

普通なら嬉しかったり、素直に受け止めたりしますよね。

 

しかしインポスター症候群の人は、「あの人はお世辞を言っているんだ!」と勘違いします。

 

お世辞を言ってしまう場面が日常では無いと言い切れませんが、本当に褒めることもありますよね。

 

その周囲の本意さえも信じきれないのが、インポスター症候群です。

 

インポスター症候群の原因

 

 

インポスター症候群の原因は様々なものがあり、一概には言えません。

そこで、原因の可能性があると思う例を紹介していきます。

 

過去が原因の場合

  • 褒めれた経験が少ない
  • 成功や達成を理由にトラブルが起きた
  • いじめや周囲から疎外された
  • 人を信用できなくなる体験をした

 

 

今の環境や性格が原因の場合

  • 周囲に自分の実力以上の人がいる
  • 周りと同調しなければいけない環境にいる
  • 期待されたり、責任を負うのが苦手
  • 目立ちたくない

 

どんま

原因は人それぞれ違うので、もしインポスター症候群に悩んでいるのなら、自分に当てはまる原因を見つけてください。

克服するための大きなヒントになるかもしれませんよ!

インポスター症候群を対策しよう!

 

 

インポスター症候群を対策するための方法を3つ紹介していきます。

 

完璧を求めない

 

1つ目の方法は、完璧を求めないことです。

 

この症状は、自分を過小評価している状態でもありましたよね。

 

なぜ過小評価してしまうのか。

その理由は、完璧を求めすぎているからです。

 

完璧を求めることは、決して悪いことではありません。

ですが、完璧になることは不可能に近いですよね。

 

言い換えると、完璧になるための道は存在しますが、完璧にたどり着くことはほぼ不可能です。

 

ですから、完璧を求めすぎず、もう少し気持ちをリラックスしてみると良いですよ。

 

人の言葉を信用する

 

2つ目の方法は、人の言葉を信用することです。

 

インポスター症候群は、あるいみ疑心暗鬼の状態です。

「自分の実力」を信用できないだけでなく、「周囲の讃辞」も信用できていません。

 

だったらまず始めに、周囲の言葉を信用してみましょう。

褒めてくれたら、お世辞だと思わず、受け止めてあげる。

 

周囲の言葉を信じれることで、自然と自分自身の実力も認められるようになりますよ。

 

ポジティブに考える

 

3つの方法は、ポジティブに考えることです。

 

ポジティブに考えるコツは、嫌なことも無理やりポジティブな言葉に変換する。

 

例えば、すごく疲れたと思った時に

「あー疲れた、毎日大変だわ」と思うのではなく

 

疲れたってことは、毎日頑張っている証拠だね

と無理やりポジティブな言葉に変換します。

 

毎日繰り返すことで習慣化され、自然にポジティブに考えられるようになります。

 

そうすれば、インポスター症候群で起こる、ネガティブな考えがなくなるはずです。

 

これら3つの対策法どれか1つでも良いので、ぜひ実行してみてください。

症状が少しでも改善できることを願っています!

 

 

インポスター症候群と関連のある心理学用語

 

インポスター症候群とは逆の心理状態

 

ダニングクルーガー効果
  • 能力が低い人ほど、自分の能力を高く評価する心理現象

ダニングクルーガー効果とは?その悪い点や対策法などを徹底解説!

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です