【座る位置】で分かる人間の心理とは?どこでも活用できます!

 

どんま
こんにちは、どんまです。

今回は『座る席と心理の関係』を紹介していくよ!

 

みなさんが普段、何気なく選んでいる席によって、相手に与えるイメージは変わっています。

このページ内では、席ごとのイメージから実際の使い方まで幅広く紹介していきます。

 

こんな人にオススメ

  • 座る席によって相手に与えるイメージを知りたい人
  • ビジネスや恋愛で心理学を活用したい人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

座る位置で相手の心理に与える印象とは?

 

 

座る位置によって相手への印象が変わることを『スティンザー効果』と言います。

 

この心理現象は3つのパターンに分かれているものです。

 

  1. 正面に座る
  2. 真横に座る
  3. 斜め向かいに座る

 

順番に見ていきましょう!

 

正面に座る

 

まず正面に座った場合は、以下のような心理状態になりやすいです。

 

  • 緊張
  • 敵対
  • 真剣

 

つまり真正面に座った人とは、意見などが対立しやすいのです。

 

会議や重要な交渉の場面では、真剣に相手と向かい合うことができます。

 

その一方で、自分の意見を反論されてしまったり、プライベートな場面では相手に対して良くない印象を与えることもあるのです。

 

ですから、正面に座る人は考えものですね。

 

真横に座る

 

正面に座るのとは打って変わって、真横に座る場合はポジティブなことが多いです。

 

こんなものがあります。

  • 味方
  • 親近感
  • 愛情

 

真横に座った人とは、同調しやすく仲間になりやすいです。

距離が近いぶん、親近感が湧いたり、愛情が芽生えたりもします。

 

なので、基本的にネガティブなイメージを相手に与えにくいので、恋愛などではこの位置を狙っていきたいものです。

 

斜め向かいに座る

 

斜めに前に座ることも割と良いイメージを与えます

 

例えば

  • 親しみ
  • 平和

 

斜めに座ると一定の距離感ができますよね。

距離があると、緊張感がなくなり、親しみを感じやすくなります。

 

さらに、斜め向かいの人とは意見が対立しにくくなるという点もあるのです。

実際に座る位置を工夫してみよう!

 

座る位置を実際に意識してみようということで、「ビジネス」と「恋愛」ではどこに座ると良いのかを紹介していきます。

 

1つずつ見ていきます。

 

ビジネスでの座る位置

 

 

会議の場面で、敵対したくない人とは、なるべく正面に座らないようにしてください。

正面に座ってしまうと、自分の意見も反論されがちだからです。

 

なので、敵対したくない人とは横に並んで座ったり、斜め向かいに座るのが良いです。

 

交渉の時も同様に、横に座ってみてください。

親近感がわき、交渉に応じやすくなります。

 

小さな工夫ですが、とても効果があるものなので、ぜひ試してみてください!

 

恋愛での座る位置

 

 

恋愛においての座る位置による心理効果も、男女どちらにも通じます。

恋愛では2つのパターンに分けて紹介していきます。

 

2人の場合

 

2人で食事に行ったりする場合には、言うまでもなく真横が良いです。

 

真横だと物理的な距離が近くなることで、心の距離も近くなりやすいです。

 

さらに顔を見て話す必要がなく、目線も合いにくいので、緊張せずにリラックスしやすいです。

 

なので、できるだけカウンター席や、横に並べる席をチョイスするようにしましょう!

 

2人以上の場合

 

2人以上の場合でも、気になる人の真横に座ることをオススメします。

もし、それができないのなら斜め前に座ってもOKです。

 

ダメな例は、顔が見えづらかったり距離も遠い所です。

〇〇〇
△〇△

 

上の2つの三角の位置関係です。

6人で座った場合ですが、三角同士の位置関係では、顔も見えづらいですし、距離も離れていますよね。

 

〇〇△
△〇〇

 

この三角の位置関係もあまりオススメできません。

顔は見えやすいですが、距離が少し遠いいです。

 

ですから、真横or近い距離の斜め前を選ぶようにしてください!

まとめ

 

座る位置を意識するという簡単なものですが、とても効果ありです。

 

この小さな意識の違いが、他の人との差をつけることができます。

なので、ぜひ早い段階から取り入れてみてください。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です