【フットインザドア】頼み方をすこし変えるだけで相手は承諾する!

 

どんま
こんにちは、どんまです。

今回は『フットインザドア』を紹介していくよ!

 

フットインザドアを、『フットインザドアテクニック』とも呼びます。

 

これは、ビジネスでよく使われている心理学のテクニックです。

日常においても活用できるものなので、ぜひこの機会に覚えていってください。

 

こんな人にオススメ

  • フットインザドアの意味を知りたい人
  • 営業や恋愛で活用できる心理テクニックが知りたい人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

フットインザドアとは?どんな意味?

 

 

『フットインザドア』という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

これは、心理テクニックの中でも特に有名なものとして、広く認知されています。

 

フットインザドア(テクニック)とは

小さな要求から段階を踏んでいって、少しずつ要求を大きくする心理テクニック

 

つまり、いきなり本来の要求を提示してはダメなんです。

小さな要求を積み上げていって、本来の要求を承諾してもらいます。

 

2つほど例をあげてみます。

鳥亀ちゃん
注文するもの決まった?

馬蜂くん
ごめん、今日家に財布忘れてきちゃった!1000円貸してくれないかな?
鳥亀ちゃん
分かった、良いよ。
馬蜂くん
本当にごめん!後でノートも買わなきゃいけないから、2000円でも良い?

鳥亀ちゃん
もうしょうがないな、ちゃんと返してよ。

 

最初から「2000円貸して」と言ったら断られていたかもしれません。

ですが、小さな要求→大きな要求とすることで、相手は要求を受け入れやすくなるのです。

 

もう1つ例を見ていきましょう。

鳥亀ちゃん
あのさ、いま手を離せないから、代わりに洗い物してくれない?

馬蜂くん
良いよ!
馬蜂くん
洗い物終わったよ〜
鳥亀ちゃん
ごめん!!まだもう少し時間かかりそう、洗濯物もお願いできるかな??

馬蜂くん
ん〜分かったよ〜

 

こんな感じで欲求を2回に分けるパターンもあります。

逆に、「あれもやって!これもやって!」と一気にお願いすると、相手は承諾しづらいです。

 

そして、1回目の要求と2回目の要求の間隔が少しあいてたとしても、フットインザドアは働きかけます。

後でもう一回紹介しますが、時間の間隔があきすぎるのはオススメできません!

 

フットインザドアの由来とは?

 

 

フットインザドアは英語で、「foot in the door」と言います。

日本語に直訳してみると「ドアの中の足」となりますよね。

 

この状態、セールスマンがドアの内側に足を入れている場面を連想させます。

 

つまり、営業の訪問先でドアを閉められないように片足を入れているのです。

さすがに、そんな状態では無理にドアを閉めて追い払うこともできませんよね。

 

ですから、「セールスマンは足を入れることができたら勝ち」という言葉もあるのです。

 

その言葉が、フットインザドアテクニックの由来となっています。

 

フットインザドアの実験!

 

実験は1966年に、アメリカの心理学者である「スコット・フレーザー氏」と「ジョナサン・フリーマン氏」によって行われました。

 

実験の内容

 

カリフォルニア州の住民112人に対して行われた。

 

その住民の家を訪問をして、あるお願いことをした。

 

お願いの内容はこんなものです。

 

『お宅の芝生に「注意して運転しよう!」と書かれた看板を立ててもらえますか?』

 

結果は予想通り悪く、16.7%の人しかお願いを承諾しませんでした。

 

実は、このお願いをする2週間前に家を訪問して、小さなお願いをした家庭もあります。

 

内容はこんな感じです。

 

家の窓か車のフロントグラスに「安全運転をしよう!」というステッカーを貼ってくれませんか?

 

すると、この小さな要求にOKの返答をしていた人たちの76%もの人たちが、看板の要求も承諾してくれたのです。

 

つまり、「大きな要求のみ」と「小さな要求+大きな要求」の成功確率には大きな差ができたのです!

 

 

実験からも、フットインザドアテクニックの効果が分かりますね。

 

小さな要求と大きな要求のスパンが2週間あいていますが、あまり長期の時間をあけるのはお勧めできません。

その理由は、後ほど説明します。

 

このテクニックが発揮されるのは、人間のある心理が関係しているのです。

次の章で紹介していきます。

なんで要求を承諾してしまうの?

 

 

フットインザドアが働きかけるのには理由があります。

 

それは、人間が一貫性を持つからです。

 

どんま
一貫性とは、最初から最後まで矛盾がないことだよ。

 

つまり、1度お願いを承諾した自分を、そのまま維持しようとするのです。

 

反対に、お願いを1度受け入れたのに、次のお願いを拒否するということをしたくありません。

なぜなら、一貫性が損なわれるからです。

 

そういった理由で、フットインザドアは効果があるのです。

 

人の一貫性』について詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事を読んでください!

一貫性の法則(原理)で恋愛も営業もYesと誘導する!その方法とは?

 

実際に活用してみよう!

 

 

では皆さんに、すぐにフットインザドアテクニックを使えるように、活用例を紹介します。

今回のシチュエーションは、「恋愛」と「営業」です。

 

順番に見ていきましょう!

 

恋愛での活用!

 

恋愛で、出会ったばかりの相手にいきなり大きな要求を提案するのは良くないです。

ですから、承諾してくれそうな小さなお願いから提案していきます。

 

例えば映画を誘いたい(大きな要求)とします

馬蜂くん
前に〇〇読んだことあるって言ったよね!その本貸してくれない?

鳥亀ちゃん
分かった!良いよー

〜1週間後〜

馬蜂くん
あの本すごく良かった!今映画になってるらしいから、一緒に観に行かない?

鳥亀ちゃん
うん、いいよ!

 

これは成功例ですが、いきなり映画を一緒に行くよりも、間に小さな要求を挟む方が、相手は承諾しやすくなります。

 

ここでは、一回しか小さな要求を入れていませんが、実際にはもう何回か入れてあげてもOKです。

ただし、いつまで経っても本来の要求をできないという事は避けてくださいね。

 

営業での活用!

 

いきなり「商品を買ってください!」と言っても、買ってくれる確率は低いです。

そこで、フットインザドアを使います。

 

アパレル店員はフットインザドアをうまく使っているので、実例を紹介します。

 

アパレル店員
こちらのスニーカーもオススメなので見てみてください。

どんま
このスニーカーかわいいですね。
アパレル店員
よろしければ試着してみますか?
どんま
はい、じゃあ26.5cmでお願いします。
どんま
履いた感じサイズはピッタリですね。
アパレル店員
実はこのスニーカーとても人気があって、在庫も少なくなってきてるんです。もし買うなら今かと…

どんま
買います!

 

いきなり、購入してくれと言うとお客さんに引かれてしまいます。

 

なので最初は、「見てください」「試着してみてください」と小さな要求をし、最終的に商品を買ってもらうことに成功しています。

 

この手法は営業の様々な場面でいかせるので、ぜひ取り入れてみてください!

活用する際の注意点!

 

 

最後にフットインザドアの注意点を紹介していきます。

ただ小さな要求と大きな要求をするだけだと、効果が薄れてしまう恐れがあります。

 

それを避けるためにも、3つの注意点があります。

  1. 要求の差が大きすぎないようにする
  2. 要求のジャンルを合わせる
  3. 要求のスパンをあけすぎない

 

1つずつ説明していきます。

 

注意点1、要求の差が大きすぎないようにする

 

1つ目の注意点は、要求の差が大きすぎないようにすることです。

 

例えば

  • 500円貸してと言った後に、10000円貸してと言う
  • コップ取ってとお願いした後に、全部の部屋を綺麗にしてと頼む

 

こんな感じで、大きな要求と小さな要求に差があると、普通に断られます。

ですから、要求の程度を考えてフットインザドアを活用してください。

 

注意点2、要求のジャンルを合わせる

 

2つ目の注意点は、要求のジャンルを合わせる

 

例えば

  • 500円貸しての後に、映画を見に行かない?と言う
  • 卵買っておいてと頼んだ後に、部屋を掃除してと頼む

 

こんな感じに要求のジャンルを変えてしまうと、話の辻褄が合いません。

最悪、相手に対してあなたに利用されていると感じさせる恐れがあります。

 

ですから、要求のジャンルも似たようなものにしましょう。

 

注意点3、要求のスパンをあけすぎない

 

3つ目の注意点は、要求のスパンをあけすぎないことです。

 

例えば

  • 500円貸してと言った1ヶ月後に、2000円貸してくれるように頼む
  • ゴミ拾ってと言った1週間後に、部屋の掃除をしてと要求する。

 

これでは、相手が小さな要求を承諾したことを忘れてしまいますよね。

すると、ドアインザフェイスの効果がなくなってしまいます。

 

なので、できるだけ短いスパンで要求を繰り返すと良いです。

 

合わせて読んでおきたい記事

 

ドアインザフェイス

  • 最初に大きな要求(ダミー)を出して、断られたあとに小さな要求(本命)を提案する

【ドアインザフェイス】交渉するときは先にダミーの要求を出す!

 

 

一貫性の法則

  • 人間は、最初から最後まで矛盾のないような一貫性を保ちたいと思うこと

一貫性の法則(原理)で恋愛も営業もYesと誘導する!その方法とは?

 

 

フットインザドアのまとめ

 

ページ内を簡単にまとめていきます。

 

フットインザドア(テクニック)とは
  • 小さな要求から段階を踏んでいって、少しずつ要求を大きくする心理テクニック

 

フットインザドアが働きかける理由
  • 人間が一貫性を持つから

 

フットインザドアの3つの注意点
  1. 要求の差が大きすぎないようにする
  2. 要求のジャンルを合わせる
  3. 要求のスパンをあけすぎない

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です