【カラーバス効果】とは?知りたい情報は引き寄せられている!

どんま
こんにちは、どんまです。

 

今回は心理学用語の『カラーバス効果』を紹介していきます。

とても有名なものなので、ぜひこの機会に覚えていってください!

 

最後には、カラーバス効果に関連した心理学用語もまとめておきました。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

カラーバス効果とは?どんな意味?

 

 

カラーバス効果とは

人が自分で意識したことが情報として入ってくる現象

 

どんま
例えばこんなものが挙げられるよ。
  • 赤色の服を意識すると、街中で赤色の服をよく見かける
  • 青色の車を意識すると、青色の車ばかり目に入る

 

このように「赤色の服!」「青色の車!」と意識すると、その情報が入ってきやすいのです。

 

世間の声
カラーバスって言うぐらいだから、色(カラー)の情報だけ入ってくるの?

 

直訳すると、カラー(色)をバスする(浴びる)と言う意味になります。

 

だけど、色以外の情報だとしてもカラーバス効果は働きかけるのです。

そこで、次の章では例を紹介していきます。

 

カラーバス効果の例!

 

どんま
カラーバス効果は、様々なところで知らず知らずのうちに働きかけているんだ。

 

今回は簡単な例を3つ紹介していきます。

順番に見ていきましょう!

 

カラーバス効果の例1、占い

 

 

例の1つ目は、占いです。

 

もし星座占いで「今日のラッキーカラーは紫!」って言われたらどうでしょうか?

 

占いを信じる人でしたら、街中を歩いていると紫色のものが目に飛び込んでくると思います。

 

実際には、紫色のものはそこまで多くないですよね。

しかしカラーバス効果が働き、意識すると情報として入ってきやすいのです。

 

カラーバス効果の例2、妊婦

 

 

2つ目の例は、妊婦です。

 

例えば、自分が妊婦だったり、奥さんが妊娠します。

すると、街中でも妊婦さんや、小さい子供がいる人に意識がいきやすいのです。

 

他でいうと、子育てや妊婦の本です。

 

本屋などに行くと書籍が数多くあるにも関わらず、そういった類の本が目に入ってきます。

 

カラーバス効果の例3、飲食店

 

 

3つ目の例は、飲食店です。

 

自分が、飲食店のオーナーだったり働いていたりすると、似たような飲食店に意識が向きます。

例えばラーメン屋だったら、他のラーメン屋に意識がいく感じです。

 

飲食店で言うと、自分の好きな食べ物を提供しているお店には注意が向けられていますよね。

 

カレーが好きだったら、街中のカレー屋さんが目に飛び込んでくるのです。

 

これらの3つの例だけでも、カラーバス効果の影響力を感じれたはずです。

 

すると、こんな疑問を持った人が現れます。

「何でカラーバス効果が働くの?」

 

次にそんな疑問を解決していきます。

 

カラーバス効果が働く理由とは?

 

 

どんま
カラーバス効果が働く理由は、脳の仕組みが関わっているよ!

 

簡単に説明すると、脳は全ての情報を処理しきれないのです。

 

視覚だけでもたくさんの情報が入ってきます。

なぜなら、普段多くのものを見ているからです。

 

だけど情報は、視覚以外からも入ってきますよね。

嗅覚だったり聴覚だったりと、様々な部分から莫大な量の情報を受け取っています。

 

脳はそんな量の情報全部を処理なんかできません。

 

だから私たちは必要な情報だけをピックアップしているのです。

つまり、意識している情報(必要な情報)を選んで、脳が認識するのです。

 

そういった理由でカラーバス効果が働きます!

カラーバス効果を活用しよう!

 

 

カラーバス効果があるなら活用してみよう!と言うことで、ここでは活用法を紹介していきます。

 

大事なことはメモをして、自然と目の入る場所に置いておこう!

 

分かりやすく説明していきます。

 

まず大事なこととは、やるべきことや目標です。

 

例えば

  • 来月までに新商品のアイデアを考える!
  • 旅行の場所を決める!
  • 将来は本を出版する!

 

こんな感じで何でも構いません。

 

これをメモして残します。

そこで大事なのは、自然と目に入るところに置くことです。

 

例えば

  • メモを玄関やトイレに貼る
  • メモを携帯の待ち受けにする

 

もし目が入らないところだと、やるべきことや目標を意識しづらかったり、忘れたりしがちです。

 

ノートの中に書くのは良いですが、普段開く習慣がないのなら止めておきましょう!

 

どんま
ここまで出来たらどうなるの?

このように大事なことをメモして、自然と目の入る場所に置くことで、しっかりと意識できるようになります。

 

するとどうなるのか?

 

やるべきことや目標のヒントが、普段から情報として入ってきやすくなります。

 

先ほどの3つの例で考えると、

  • 新商品のアイデアのヒント
  • 良い旅行先の情報
  • どんな本を書けるかのヒント

 

このような情報を取り入れやすくなるのです!

 

とても効果があるので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

カラーバス効果の注意点!

 

 

最後にカラーバス効果の注意点を紹介していきます。

 

どんま
何事も良い面と悪い面があるよ

 

カラーバス効果の悪い面とは、ネガティブな情報も入りやすくなることです。

 

例えば「海外な人は時間を守らない」という情報を知って意識したとします。

 

そうすると、海外な人が遅刻する場面が目に入りやすかったり、時間にだらしない情報がたくさん入ってしまいます。

 

けれど考えてみてください。

時間にルーズな日本人もいますし、時間を守る海外の人もいますよね。

 

ネガティブな情報を意識すると、そういったことが多いと勘違いしたり、偏見を持ったりしがちです。

 

ですから、カラーバス効果がネガティブな情報にも働くところは、注意点と言えます。

カラーバス効果と関連する心理学用語

 

どんま
最後に、カラーバス効果の関連用語を紹介していきます。

下に記事のリンクも貼っておくので、ぜひ読んでみてください!

 

選択的注意
  • 様々な情報が行き交う中で、あなたが重要だと思った部分に注意がいってしまうこと

【心理学】選択的注意とは?日常での具体例や動画を含めて解説!

 

 

気分一致効果
  • 気分によって見える部分が変わること

【気分一致効果】あなたの気分次第で見えている世界が違う?

 

 

カクテルパーティー効果
  • 騒がしい場所や多くの情報が行き交う場所で、自分が重要だと思う事は自然と認識できる現象

【カクテルパーティー効果】とは?自分を呼ぶ声が聞こえる現象!

 

 

カラーバス効果のまとめ

 

このページ内を簡単にまとめていきます。

 

カラーバス効果とは
  • 人が自分で意識したことが情報として入ってくる現象

 

カラーバス効果が働く理由
  • 脳は全ての情報を処理しきれないから

 

カラーバス効果の活用法
  • 大事なことはメモをして、自然と目の入る場所に置いておく

 

カラーバス効果の注意点
  • ネガティブな情報も入りやすくなること

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です