【サブリミナル効果】は嘘?人を洗脳する心理効果を解説します!

どんま
こんにちは、どんまです。

このブログを選び、読んでくれてありがとうございます。

 

今回は心理学用語の『サブリミナル効果』について紹介していきます!

とても有名なものなので、ぜひこの機会に覚えていってください。

 

こんな人にオススメの記事

  1. サブリミナル効果の意味が分からない人
  2. サブリミナル効果が真実か知りたい人
  3. サブリミナル効果が禁止された理由が知りたい人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

サブリミナル効果とは?どんな意味?

 

 

皆さんも『サブリミナル効果』という言葉を、一度は聞いたことがありますよね。

 

実はこの現象、意外と多くの人に誤認されているものでもあります。

そこで今回は、できるだけ分かりやすく説明していきます。

 

サブリミナル効果とは

人の無意識(潜在意識)に刺激を与えて、その人の行動に影響を及ぼすこと

 

英語では「subliminal effect」と呼ばれています。

 

サブリミナル効果の怖いところは、無意識に働きかけることです。

つまり、刺激を与えられている本人は、自分の行動が左右されていることに気がつきません。

 

しかし実際には、サブリミナル効果は、効果がないと言われてるのです。

それを証明するためにも、まずは実験例を紹介していきます。

 

サブリミナル効果の実験例!

 

 

サブリミナル効果を示したのは、ある映画館での実験が始まりです。

 

実験の内容

 

1957年にアメリカで行われたもの。

 

映画のスクリーン上に、あるメッセージが書かれたコマを、上映中に繰り返し映した。

 

そのメッセージは一瞬で切り替わるので、人間の目で見たり、認識したりはできない。

 

メッセージの内容は、「コーラを飲め」「ポップコーンを食べろ」というもの。

 

その後、映画を見た人の行動にどのような影響を与えたか調べた。

 

 

実験の結果

 

コーラの売り上げが、18.1%増えた。

 

ポップコーンの売り上げにおいては、57.5%も増えた。

 

 

この実験では、サブリミナル効果が現れているように感じます。

 

しかし、実験の内容と結果の論文が発表されることはありませんでした。

さらに、別で行われた電話の実験では、サブリミナル効果が証明されなかったのです。

その後、映画館の実験は嘘であったことを認めました。

サブリミナル効果が禁止されている理由!

 

前の章の実験後でも分かるように、サブリミナル効果は嘘だと認められています。

しかし、そのサブリミナル効果は今でも禁止されているのです。

 

世間の声
なんで嘘なのに禁止するの?

 

禁止する理由は2つあります。

  1. 洗脳、マインドコントロールを防ぐ
  2. 悪用する人がいる

 

順番に分かりやすく説明していきます。

 

禁止する理由1、洗脳、マインドコントロールを防ぐ

 

 

1つ目の理由は、洗脳、マインドコントロールを防ぐためです。

 

映画の実験を通して多くの人がサブリミナル効果を知ることになりました。

 

けれど、実際は嘘だったことをまだ知らない人がいます。

嘘だと言われても、そのことを信じきれていない人もいるはずです。

 

そんな人たちの中には

  • 大きな組織に洗脳されてしまうのではないか
  • 見知らぬ人にマインドコントロールされたらどうしよう

 

こういった考えの人もいます。

 

そういった思い込みがある人は、洗脳やマインドコントロールをされやすいのです。

この現象を『プラシーボ効果』と言います。

 

それを防ぐためにも、サブリミナル効果は禁止されました。

 

『プラシーボ効果』についてまだ知らない方は、ぜひこの記事を読んでみてください!

【心理学】プラシーボ効果の意味とは?実験や実例を含めて解説!

 

禁止する理由2、悪用する人がいる

 

 

2つ目の理由は、悪用する人がいることです。

 

映画館の実験例である、ポップコーンやコーラを買ってしまうことなら、そこまで被害はなさそうです。

しかし、もしそれが麻薬だったり違法なものを買うように、消費者を無意識に誘導していたらどうでしょうか?

 

それこそ色々と大変な問題が起きそうですよね。

 

物を買わせる以外にも、悪用して良くない行動を起こさせようとする人は出てくるはずです。

 

サブリミナル効果の効果がないにせよ、そういった悪用を防ぐためにも、念のため禁止する必要があるのです。

 

サブリミナル効果の現状とは?

 

 

ここまで紹介してきたように、世間では「サブリミナル効果は効果なし」と言われています。

なぜなら、実験でも効果が見られていませんし、科学的根拠も無いからです。

 

けれど、映画館の実験から長い年月が経った今でも、サブリミナル効果を信じている人はたくさんいます。

もしアンケートを実施しても、肯定派と否定派に分かれるはずです。

 

そういった面も含めて、100%嘘だとは言い切れないのです。

 

完全に否定できないのは、サブリミナル効果に限った話ではありません。

多くの物事の真実が、今後ひっくり返ることもあるのです。

そのことを念頭に置いておきましょう。

 

そして、禁止されているサブリミナル効果が今後どうなるのか、注意しておく必要があります。

 

関連する用語!

 

関連する心理学用語です。

記事のリンクをはっておいたので、ぜひ読んでみてください!

 

選択的注意
  • 様々な情報が行き交う中で、あなたが重要だと思った部分に注意がいってしまうこと

【心理学】選択的注意とは?日常での具体例や動画を含めて解説!

 

確証バイアスとは
  • 自分の持った考えや先入観を、正しいと証明できる情報ばかり集めてしまう心理現象

【心理学】確証バイアスとは?3つの具体例や対策法などを徹底解説!

 

サブリミナル効果のまとめ

 

最後に、このページ内を簡単にまとめていきます。

 

サブリミナル効果とは
  • 人の無意識(潜在意識)に刺激を与えて、その人の行動に影響を及ぼすこと

 

サブリミナル効果を禁止する2つの理由
  1. 洗脳、マインドコントロールを防ぐ
  2. 悪用する人がいる

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です