【スノッブ効果】他人と被るのが嫌な人間の心理とは?

 

こんにちは!どんまです。

このブログを選び、読んでくれてありがとうございます。

 

今回は心理学用語の『スノッブ効果』について紹介していきます。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

スノッブ効果とは?その意味は?

 

 

  • 他の人が持っていない物が欲しい!
  • 人と被りたくない!

 

こんな思いで商品を購入するときがありますよね。

 

実はこれ、誰もが起こり得る心理現象なのです!

これを心理学上では『スノッブ効果』と言います。

 

スノッブ効果とは

他の人の消費が増加すると、個人での購買意欲が下がる現象

 

簡単に言うと、みんなが持っている物はあまり欲しくならない現象です。

 

このスノッブ効果は、反対の角度から見ることが大切なのです。

そこでスノップ効果の意味を、言い換えてみます。

 

スノッブ効果とは

みんなが持っていない物を欲しくなる現象

 

このようにスノッブ効果を逆の視点で見る事で、うまく活用することもできます。

その活用法については、後々お話しします。

 

まず最初にスノッブ効果の例を見ていきましょう!!

スノッブ効果の例!

 

 

スノッブ効果の例として、人と被りにくい物がある状況で働きかけます。

 

人と被りにくい物は、限定品やオーダーメイド品です。

 

例えば

  • 世界に10台しかない車
  • どこでも買える車

 

この2つだったら、欲しいのは前者の車ですよね。

 

誰しも

  • 〇〇個限定!
  • ここでしか買えない〇〇!
  • 期間限定商品!

 

こういった商品に魅力を感じて、購買意欲が上がりやすいのです。

ですから、限定品やオーダーメイド品に対してスノッブ効果が働きます。

 

スノッブ効果が働く4つの理由は?

 

 

スノッブ効果が働くのには4つの理由があります。

 

4つの理由

  1. 個性的でありたい
  2. 周囲の目線を気にする
  3. 好奇心
  4. 入手のしやすさ

 

順番に見ていきましょう!

 

理由1、個性的でありたい

 

1つ目の理由は、人は個性的でありたいと思うからです。

 

例えば

  • 性格
  • 外見
  • 趣味や特技
  • 生き方

 

こういった点で、人は特別、個性的でありたいと感じます。

 

そのことに関連して、所有する物に対しても個性を求めます。

要するに、人と違う(個性的)な物が欲しいと思うのです。

 

ですから、スノッブ効果が働きかけます。

 

理由2、周囲の目線を気にする

 

2つ目の理由は、周囲の目線を気にすることです。

 

例えば

  • 周囲にすぐ流される人に見られたらどうしよう…
  • パクったと思われたらどうしよう…

 

人はこんな感じに、周囲の目線をやたら気にします。

 

すると、みんなが持っているものを避けるようになるのです。

 

理由3、好奇心

 

3つ目の理由は、好奇心からです。

 

例えば、日本に5本だけのペンがあるとします。

 

どうでしょうか?めちゃくちゃ気になりますよね。

 

「書き心地は良いのかな?」

「ペンの質はどんな感じだろう?」

 

こういった好奇心を抱きます。

そういった意味でも、みんなが持っていない物が欲しくなるのです。

 

理由4、入手のしやすさ

 

4つ目の理由は、入手のしやすさが関係している点です。

 

例えば、みんなが使っているイヤホンがあるとします。

そういったイヤホンは、生産数が多いですし、色んな場所で売っています。

 

すると

「いつでも買えるから」

「どこでも買えるから」

 

こういった考えを持ち、わざわざすぐに欲しいと思いません。

 

反対にイヤホン専門店にしか売っていない物だと、チャンスを逃したくないと思います。

その結果、購買意欲が上がるのです。

 

スノッブ効果の注意点!

 

 

スノッブ効果は、みんなが持っていない物が欲しくなることでしたよね。

 

そんなスノッブ効果には、注意しなければいけない点があります。

それは、人と被らない商品の質を判断することが難しい点です。

 

例えば

  • ユニクロの靴下
  • 日本に100足しかない靴下

 

多くの人が前者のユニクロの靴下を使っていますよね。

ですから、ネットで調べると多くの評価が出てきますし、買ったことがある周囲の人に聞くこともできます。

 

しかし100足しかない靴下はどうでしょう?

ネットの評価なんてほとんどないですし、周囲に持っている人がいる可能性は低いです。

 

すると、実際に買って使ってみないと、質の判断ができません。

 

ですから、そういった点は、スノッブ効果の注意点と言えます。

スノッブ効果をマーケティングで応用する!

 

 

スノッブ効果をマーケティングで応用してあげることで、消費者に欲しいと思わせることができます。

 

その方法は、商品を限定化してあげることです。

 

限定するときに、3つのポイントを意識してください。

  1. 時間の限定
  2. 地域の限定
  3. 数量の限定

 

それぞれこんな例を挙げられます。

 

時間の限定

  • 今月だけの商品!
  • 1年間に1個だけしか作られない商品!

 

地域の限定

  • ご当地品!
  • この店だけの別注品!

 

数量の限定

  • 限定〇〇個!
  • 世界に〇〇個だけ!

 

このように、「時間」「地域」「数量」のどれかを限定してあげます。

それを見た消費者は「人と被りにくい物だ!」と思い、購買欲が上がるはずです。

 

とても効果がある方法なので、ぜひ実践してみてください!

 

スノッブ効果と関連する心理現象!

 

スノッブ効果に関連する心理現象です。

下に記事のリンクも貼っておくので、ぜひ読んでみてください!

 

希少性の原則
  • 人は珍しいものに対して価値を見出すこと

【解説】希少性の原理(法則)とは?恋愛やマーケティングの応用!

 

ヴェブレン効果
  • 人は価格が高いものに魅力を感じること

【ヴェブレン効果】とは?3つの具体例や対策法を含めて解説!

 

バンドワゴン効果
  • スノッブ効果と反対の意味で、人は世間の流行に乗ってしまうこと

流行に乗ってしまうバンドワゴン効果とは?その具体例や応用方法!

 

スノッブ効果のまとめ!

 

最後にこのページ内を簡単にまとめていきます。

 

スノッブ効果とは
  • 他の人の消費が増加すると、個人での購買意欲が下がる現象
  • みんなが持っていない物を欲しくなる現象

 

スノッブ効果が働く4つの理由
  1. 個性的でありたい
  2. 周囲の目線を気にする
  3. 好奇心
  4. 入手のしやすさ

 

スノッブ効果の注意点
  • 人と被らない商品の質を判断することが難しい

 

スノッブ効果のマーケティングでの応用
  • 商品の時間、地域、数量を限定してあげる

 

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です