【悪用禁止】カリギュラ効果とは?相手に興味を持たせる方法!

 

こんにちは!どんまです。

このブログを選び、読んでくれてありがとうございます!

 

今回は心理学用語の『カリギュラ効果』を紹介していきます。

心理用語の中でも、特に有名なものなので、ぜひこの機会に覚えていってください。

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

カリギュラ効果とは?その意味は?

 

 

突然ですが、誰でもこんな事がありますよね。

 

  • やるなと言われたことを、やってしまった
  • 禁止されると、そのことを破りたくなった

 

過去にこんな体験があるのなら『カリギュラ効果』が原因です。

 

カリギュラ効果とは

禁止や制限をされると、逆に興味が湧いてやりたくなってしまう心理現象

 

英語では「Caligula Effect」と呼ばれています。

 

タイトルに「悪用禁止」、記事の最初の画像には「この記事を絶対に読まないでください!」と書かれています。

これらはカリギュラ効果を用いたフレーズです。

 

カリギュラ効果という名前は、ある映画が語源になっているのです。

それについては、次の章でお話ししていきます。

 

カリギュラ効果の由来とは?

 

 

カリギュラ効果の由来となった映画は、アメリカとイタリアの合作でした。

この映画は1980年代に作られ、作品名は『カリギュラ』です。

 

実はこの映画、過激な残虐、暴力、性的シーンなどが多く、上映しづらいものでした。

そういった理由で、アメリカの都市であるボストンが、この映画を上映中止にしたのです。

 

すると面白い反応が起きます。

 

ボストン市民は上映を禁止された事で、逆に映画に対しての興味が湧いてきました。

すると、わざわざボストン以外の場所にまで足を運び、その映画を見たのです。

 

結果、映画『カリギュラ』は大ヒットしました。

この一連の出来事が、カリギュラ効果の語源となったのです。

 

カリギュラ効果は、実験でもきちんと証明されている心理現象です。

次にその実験を紹介していきます。

 

カリギュラ効果の実験!

 

 

この実験は簡単なものですが、非常に面白い結果が証明されたものです。

それでは、見ていきましょう!

 

実験の内容

 

小さな穴の空いた壁を用意する。

 

その穴の近くに「覗かないでください!」と書かれた紙を貼った。

 

その紙を見た通行人がどんな反応をしたかを調べた。

 

実験の結果

 

紙を見た通行人のうち全員が穴を覗いた。

 

 

どうでしょうか?まさか覗いてしまう可能性が100%だとは思いませんでしたよね。

カリギュラ効果が、人間の心理に大きな影響を与えることが分かって頂けたと思います。

カリギュラ効果の4つの例!

 

 

カリギュラ効果は、多くの場所で働きかけているものです。

その中から、4つの例を紹介していきます。

 

カリギュラ効果の例1、ダイエット

 

例の1つ目は、ダイエットです。

 

「ダイエットをしたい!」

「痩せたい!」

と多くの人が思いますよね。

 

ダイエットを実際に始めた人は、こう自分に制限をかけます。

 

例えば

  • 間食はしちゃダメ!
  • 夜は炭水化物を食べない!
  • デザートは週に1回だけ!

 

けれど、なかなかこういったルールを守れませんよね。

ふとした時に食べてしまったり、かえって食べたくなったりしがちです。

 

この理由は、カリギュラ効果にあります。

 

食べるなといった禁止や週に一回といった制限が、食べたいという気持ちを湧き上がらせるのです。

 

カリギュラ効果の例2、日本昔ばなし

 

例の2つ目は、日本昔ばなしです。

 

日本の昔話でもカリギュラ効果が見られています。

例えば『浦島太郎』や『鶴の恩返し』です。

 

それぞれの物語にはこんなシーンがありますよね。

 

  • 浦島太郎:浦島太郎が「開けてはいけない」と言われていた玉手箱を開けてしまった。
  • 鶴の恩返し:老父婦が「中を覗いてはいけない」と言われながら、部屋を覗いてしまう。

 

この「〜してはいけない」という禁止が、登場人物の行動を促進しているのです。

 

物語中にもカリギュラ効果が見られるなんて面白いですよね。

 

次にあげる例はより共感してもらえると思います。

 

カリギュラ効果の例3、テレビ番組

 

例の3つ目は、テレビ番組です。

 

よくテレビ番組では、こんな事を視聴者に示していますよね。

 

例えば

  • 放送できないところに、ピーの音をかぶせる。
  • ホラー系は夜に1人で見ないように注意を促す。

 

この制限や禁止するのも、カリギュラ効果を用いたものなのです。

 

皆さんも感じると思いますが、めちゃくちゃ気になりますよね。

 

「ピーの音の部分では何を言っているんだろう?」

「どれだけ怖い映像なんだろう?」

こういうふうに興味が湧き、テレビに釘付けになります。

 

ですから、テレビ番組からもカリギュラ効果を実感できるのです。

 

カリギュラ効果の例4、恋愛

 

例の4つ目は、恋愛です。

 

カリギュラ効果は恋愛でも働きかけます。

つまり、制限や禁止がある恋愛はモチベージョンが上がるのです。

 

例えばこういったものが挙げれらます。

  • 恋人がいても浮気をしてしまう
  • 親に反対されている人と付き合う

 

このように障害や困難がある恋愛をしてしまうのには『ロミオとジュリエット効果』も影響しています。

まだ知らない方は、ぜひこの記事を読んでみてください!

【ロミオとジュリエット効果】困難な恋愛の方が良い理由が分かる!

 

カリギュラ効果の注意点と対処法!

 

カリギュラ効果が悪い方向に働くことがあります。

 

例えば

  • 子供にゲームをするなと言っても聞く耳を持たない
  • 友達に遅刻するなと伝えたが、いつまで経っても直らない

 

これらは禁止したことが原因で起こった結果でもあります。

つまり、カリギュラ効果が悪い意味で働いているのです。

 

世間の声
じゃあどうやって言い聞かせれば良いの?

 

こうならないための方法があります。

  1. 制限や禁止する理由を伝える
  2. 相手側の意見も聞く

 

順番に説明していきます。

 

対処法1、制限や禁止する理由を伝える

 

 

1つ目の対処法は、制限や禁止する理由を伝えることです。

 

先ほどの例を活用してみると

  • 子供にゲームをしてはいけない理由を伝える
  • 友達に対して遅刻して欲しくない理由を言う

 

相手にきちんと自分の言葉で理由を伝えます。

そうすることで、相手も納得してくれやすくなります。

 

くれぐれも

「なんとなく」、「常識だから」、「みんなそうだから」

と言ったことで禁止や制限するのはやめましょう。

 

対処法2、相手側の意見も聞く

 

 

2つ目の対処法は、相手側の意見も聞くことです。

 

相手も何かしらの理由があり行動をしています。

そんな相手を「〜するな」と言って制限や禁止をしても、相手側の行動は変わりません。

 

そこで、

  • なんでゲームばかりするの?
  • いつも遅刻してしまうのはなぜ?

 

このように相手の行動に対しての「なぜ?」で質問を投げかけるのがポイントです。

 

なぜなら、自然に相手の意見を引き出せますし、その意見が問題解決のヒントにもなってくれるからです。

 

以上が2つの対処法でした。

皆さんもカリギュラ効果に注意しながら、上手に対処していってください。

カリギュラ効果をマーケティングで活用しよう!

 

 

カリギュラ効果をうまく活用できれば、大きな影響を期待できそうですね。

そこで今回は、マーケティングでの活用方法をお教えします。

 

それは、商品に禁止や制限が分かるフレーズをつけることです。

 

例えば

  • 〇〇な人は見ないでください!
  • 【注意】決して悪用はしないでください!
  • 【警告】絶対にやってはいけない3つのこと!
  • ここだけの秘密、〇〇について教えます!
  • 今日しか買えない〇〇なもの!

 

こういったものを消費者に示します。

そうすると、商品に対して興味関心がわきあがります。

 

とても効果があるものなので、ぜひ実践してみてください!

 

文脈効果』と『バンドワゴン効果』もマーケティングで使える心理効果です。

マーケティングをうまくやりたい人は、これらの記事を参考にしてください。

【解説】文脈効果とは?マーケティングでの応用方法や注意点!

流行に乗ってしまうバンドワゴン効果とは?その具体例や応用方法!

 

カリギュラ効果のまとめ

 

最後にこのページ内をまとめていきます。

 

カリギュラ効果とは

  • 禁止や制限をされると、逆に興味が湧いてやりたくなってしまう心理現象

 

カリギュラ効果の注意点

  • カリギュラ効果が悪い方向に働かないように注意する

 

カリギュラ効果の対処法

  1. 制限や禁止する理由を伝える
  2. 相手側の意見も聞く

 

カリギュラ効果のマーケティングでの応用

  • 商品に禁止や制限が分かるフレーズをつける

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です