【親和欲求】一緒にいたいと思う心理とは?恋愛でも応用できる!

 

こんにちは!どんまです。

このブログを選び、読んでくれてありがとうございます!

 

今回は心理学用語の『親和欲求』について紹介していきます。

 

こんな人にオススメの記事!

  • 親和欲求について知りたい人
  • 一人で行動できるようになりたい人
  • 恋愛で応用できる心理学を知りたい人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

親和欲求とは?どんな意味?

 

 

  • 誰か近くにいてほしい!
  • 一人だと寂しい!
  • 一人じゃ不安だ!

 

誰でもこんなふうに思うときがありますよね。

もしその頻度が多かったり、こういった事を強く感じてしまうのなら、親和欲求が高いと言えます。

 

親和欲求とは

誰かと一緒にいたいと感じること

 

大切なのは、この親和欲求が「不安」「恐怖」「孤独」を感じた時に働きやすい点です。

 

親和欲求は人間なら誰しも持っているもので、人によってその傾向の強さが変わってきます。

 

実際、女性は男性よりも親和欲求が高いと言われているのです。

 

他の例だとこんな人が親和欲求が高いと診断されます。

  • よく複数人で行動したいと思う
  • 「不安」「恐怖」「孤独」を感じやすい
  • 周りの目線を気にする
  • 出来事を誰かと共有したがる
  • SNSなどで人と繋がることを好む

 

どうでしょうか?

当てはまっている点が多いのなら、あなたも親和欲求が高い傾向にあります。

 

親和欲求が高いとメリットがありますが、反対にデメリットもあります。

その点については、後々ページ内で説明していきます。

 

まず最初に親和欲求の実験を見ていきましょう!

 

親和欲求の実験!

 

 

ここでは親和欲求を証明した実験を紹介していきます。

 

実験の内容

 

参加者を集めて2つのグループに分ける。

 

それぞれのグループに、実験内で電気ショックを受けてもらう事を伝えた。

 

その際に、伝える内容をそれぞれ異なるものにした。

 

グループA:電気ショックはかなり強いもので、苦痛を感じると思います。

グループB:電気ショックは多少ビリっと感じるぐらいです。

 

そして、電気ショックの準備をする理由で控え室で待ってもらうように伝えた。

 

その時にこんな質問をした。

 

誰かと一緒に待ちたいですか?それとも一人で待ちますか?」どちらでも構いません。

 

 

実験の結果

 

  • 不安や恐怖感を強く与えられたグループAは、60%以上の人が誰かと一緒に待つことを望んだ。
  • 反対にグループBは、30%ほどの人しか誰かと一緒に待つことを望まなかった。

 

実験から分かるように、強い「不安」「恐怖」を感じた人は、誰かと一緒にいたくなっていますね。

これにプラスして、孤独感を強く感じてしまう人も、親和欲求が高くなります。

 

次に親和欲求についてのメリットとデメリットを紹介します。

 

親和欲求が高い人のメリットとデメリット!

 

 

親和欲求が高い人には、いくつかメリットとデメリットがあります。

今回は、その中でも特に重要なものを紹介していきます。

 

メリット

  • 協調性がある

 

デメリット

  • 目線や評価を気にしすぎる
  • 1人で行動できない

 

順番に見ていきましょう!

 

メリット1、協調性がある

 

1つ目のメリットは、協調性があることです。

 

誰かと一緒にいたいと思うことは、周囲との関わりを持ちたいとも言えます。

 

そういった人は周りを頼ったり、逆に頼られたりすることが多いです。

それを繰り返すと、誰かと協力していくのが上手くなります。

 

つまり、協調性が身についていくのです。

 

デメリット1、目線や評価を気にしすぎる

 

1つ目のデメリットは、目線や評価を気にしすぎることです。

 

親和欲求が高い人は、一緒にいてくれる人がいなくなるのが嫌です。

すると、自分の意見を言えなかったり、人に合わせてしまいます。

 

そのことは、人を傷つけるのを恐れたり、どう思われているかを気にしている証拠です。

 

それが続くと生きづらさを感じることもあるので、デメリットと言えます。

 

デメリット2、1人で行動できない

 

2つ目のデメリットは、1人で行動できないことです。

 

親和欲求が高いと、人と一緒に行動することを望みます。

 

けれど、いくら距離が近い人でも、なんでも一緒にやるわけにはいきません。

「不安」「恐怖」を感じる場面に、1人で挑戦しなくてはいけない時もあるはずです。

 

もし周囲の助けがないと、高い親和欲求の人はそういった場面から逃げてしまったり、挑戦できなくなる可能性があります。

 

そういった意味でも、デメリットになるでしょう。

親和欲求の克服法!

 

 

先ほど紹介したように、親和欲求が高いとデメリットがありましたよね。

親和欲求が悪いことではありませんが、極端に強い傾向になるのは避けたいです。

 

そこで今回は親和欲求が働きすぎないように、克服法をお教えします。

 

その克服法は、1人で小さな挑戦を繰り返すことです。

 

人とばっかり一緒にいてしまうと、親和欲求を低くできません。

だからと言って、いきなり1人で海外に行ったり、大きな挑戦をするのは大変すぎます。

 

そんな事をしなくても、日々のちょっとした挑戦で親和欲求を克服できます。

 

例えば

  • 1人で外食をしてみる
  • 1人で買い物をしてみる
  • 近い場所に1人で旅行をしてみる

 

大切な点は、今まで1人ではやらなかった行為を、1人でやってみる事です。

 

どんなに小さな行為だとしても、それを日々繰り返す事で、周囲に依存しにくくなります。

最終的には、1人で大きな挑戦もできるようになるのです。

 

ですから、ぜひ「不安」「恐怖」「孤独」を感じるようなことに、1人で挑戦してみてください!

 

親和欲求を恋愛で応用しよう!

 

 

実は、親和欲求を恋愛で応用することができるのです。

 

人は特に「不安」や「恐怖」を感じたときに、誰かと一緒にいたいと思いましたよね。

その法則をデートで利用するのです。

 

つまり、「不安」や「恐怖」を感じられるデートスポットを選ぶのです。

 

例えば

  • お化け屋敷に行く
  • ホラー映画を見る
  • 高い場所に行く

 

こういった場所では、不安」や「恐怖」を感じやすいです。

なので相手は、この人と一緒にいたいと思ってくれます。

 

とても効果があるので、ぜひ実践してみてください!

 

お化け屋敷やホラー映画を選ぶのには『吊り橋効果』を働かせたいという理由もあります。

『吊り橋効果』をまだ知らない方は、ぜひこの記事を読んでみてください!

[解説]吊り橋効果の意味は?教習マジックとは?そして恋愛での応用方法!

関連する記事!

 

関連する心理学用語です。

記事のリンクもあるので、ぜひ読んでみてください!

 

同調行動
  • 無意識に周囲の人と同じ行動をすること

【解説】同調行動とは?その具体例や問題点!

 

類似性の法則
  • 自分と共通点があったり似ている人に対して、親近感や好感をもつこと

【類似性の法則】好感を持ってもらうには共通点が大事!

 

親和欲求のまとめ

 

最後にこのページ内を簡単にまとめていきます。

 

親和欲求とは

  • 誰かと一緒にいたいと感じること
  • 「不安」「恐怖」「孤独」を感じるときに起こりやすい

 

親和欲求のメリット

  • 協調性がある

 

親和欲求のデメリット

  • 目線や評価を気にしすぎる
  • 1人で行動できない

 

親和欲求の克服法

  • 1人で小さな挑戦を繰り返す

 

恋愛での応用法

  • 「不安」や「恐怖」を感じられるデートスポットを選ぶ

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です