筋トレを始めると人生が変わる!筋トレの5つの効果とおすすめのやり方

 

みなさん、こんにちは!

いきなりなりですが、筋トレってキツかったり、体育会系のイメージがありますよね。

 

でも実際は、色んなタイプの人が筋トレを好んでやっています。

キツい時もありますが、とても多くのメリットが効率的に得られるものなんです!

なので筋トレをやらない理由は見当たりません!

 

このページでは筋トレのすごさについて紹介していきます。

このページ内のまとめも書いてみたので、ぜひ最後まで読んでください!

 

筋トレを始める理由って何?

 

 

日常には様々な自己投資の方法がありますが、

筋トレは効率的に自己投資できるものの1つだと思います。

 

ですが筋トレって大変そうなイメージがありますよね。

トレーニングはきついし、ジムに通ったらお金や時間がかかる。

さらには、筋トレを始めてみても続かないかもしれない。

 

現代ではそんな不安を打ち消してくれる筋トレの方法があります。

それに加えて、

筋トレにはたくさんのメリットがあり、自分に与えてくれる影響はとても多くのものになります。

 

なので筋トレをやらない理由が見当たらないんです!

 

では筋トレにはどのような効果があるのかを、5つ紹介していきたいと思います。

 

筋トレってどんなメリットがあるの?筋トレの5つの効果!

 

筋トレには色んなメリットがありますが、ここではその中から5つ紹介していきたいと思います。

 

筋トレの効果1、健康体になる

 

 

まず最初のメリットは、筋トレを始めると健康になることです。

 

現代社会ではデスクワークが多くなり、体を動かす機会は前よりも少なくなりましたよね。

それ以外でも、スマホで色んなことができるようになり、インターネットが提供する娯楽が多くなりました。

それが原因で前よりも座っている時間が長かったり、動かなくても良い環境が増えました。

 

そんな人へ筋トレをお勧めしたいです!

 

その理由は2つあります。

 

1つ目は、筋トレをすると肥満や生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症)の予防ができるからです。

 

これらの症状がある人の血液はドロドロした状態です。

しかし筋トレすることにより血圧循環が活性化され、血液がサラサラになり、症状を予防ことができるのです。

 

2つ目は筋トレにより免疫力が上がるからです。

 

なぜかというと、筋トレをすることにより体温が上がります。

体温が上がると基礎代謝も上がり、免疫力を高めてくれます。

 

そうすれば、最終的に病気になりにくい体を作ることができるのです。

 

筋トレの効果2、自信がつく

 

 

自信をつけることってとても難しいことですよね。

ですが、筋トレを始めると自然と自信がつきます。

 

その理由を2つほど説明します。

 

1つ目は筋トレにより筋肉がつき、良い体を手に入れることができるからです。

 

誰でも自分の体が引き締まっていて、無駄な脂肪がなければ嬉しいですよね。

筋トレではそんな体を作ることができます。

そんな良い見た目を手に入れることができたならば、自信がつくと思います。

 

2つ目の理由は、毎回のトレーニングを乗り越えたという自信です。

 

1つ目が見た目の部分の自信だとすれば、こちらは心の部分の自信だと言えます。

筋トレには辛いと思うときがたくさんあります。

 

ですがそんなトレーニングを頑張って耐えてみてください。

トレーニングを乗り越えたという自分に対して自信が持てると思います。

 

筋トレの効果3、ストレスを発散できる

 

 

筋トレはとても効果的なストレス発散方法です。

 

なぜかというと、筋トレをしている最中は無心になれるからです。

 

普段の生活の中で、私たちは様々なことを考えながら生きていると思います。

そして、それがストレスの元にもなります。

 

休憩などの時間にもスマホをいじったり、テレビを見たりしてしまうので、たくさんの情報が入ってきます。

なのでストレスをちゃんと発散する時ってなかなかありませんよね。

 

ですが筋トレをしている最中は、目の前のトレーニングに必死になるので、無駄なことを考えなくなります。

つまり現実のことを一瞬忘れることができるのです。

それがストレスを発散している状態になり、ストレスが溜まるのを防いでくれます。

 

筋トレの効果4、睡眠の質が向上する

 

 

良い睡眠をとることができれば、生活の質は大きく上がりますよね。

筋トレには睡眠の質を向上させる働きがあります。

 

なぜ睡眠の質が上がるかというと、セロトニンというホルモンが関係します。

セロトニンは筋トレなどの運動によって、分泌が促進されます。

そして夜眠くなるときにはメラトニンというホルモンが分泌されます。

このメラトニンの材料になるのがセロトニンなのです。

 

なので日中に筋トレをして、セロトニンをたくさん分泌させます。

そうすると夜に、眠くなるホルモンのメラトニンを作る助けになるのです。

 

この働きが、睡眠の質を向上してくれます。

 

筋トレの効果5、モテるようになる

 

 

誰もがモテたい!って思うことがありますよね。

モテるための自分への投資の中で、筋トレはとても効果があります。

なぜなら、筋トレをしている男性はモテるようになるからです。

 

理由には男性ホルモンが関係しています。

筋トレにより筋肉に負荷がかかると、それが脳に伝わります。

そうすると、テストステロンというものを分泌します。

 

これがモテるための男性ホルモンです。

 

女性はこのテストステロンを本能的に嗅ぎ分けています。

なので、テストステロンの分泌が多い男性は女性からモテるのです。

 

筋トレ界で、カリスマ的な人気を誇るTestosterone(テストステロン)さんの本がオススメです。

筋トレを始めるきっかけにもなるはずです。

 

以上が筋トレでのメリットです。

生きていく上で大切な色んな部分に効果が表れていますね。

 

ここまで読んでくださった人で、筋トレを始めたい!と思ってくれた方もいると思います。

 

そんな人のために、筋トレの始め方を紹介していきます。

 

筋トレを始めたい!おすすめのやり方は?

 

次に筋トレを始めるために、どうやってやれば良いのかを2つ紹介します。

自分に合っていると思うやり方を探してみてください。

 

ジムに通う

 

 

筋トレをしている人はジムに通っているイメージがあるかと思います。

実際に多くの方がジムに通って、筋トレに励んでいます。

ジムに通うメリットとデメリットを紹介していきます。

 

メリット

  • たくさんのトレーニングマシーンが使える。
  • ジムにいる他の人も筋トレをしているので、モチベーションが上がる。
  • 効率的に筋肉をつけることができる。

 

デメリット

  • ジムに通うために、月会費などのお金がかかる。
  • ジムに行くまでに時間がかかる。
  • ジムが混雑していたりすると、自分のやりたいことができない。

 

どうでしょうか。ジムに通えばトレーニングマシーンなどが豊富にあり、効率的に筋トレができるメリットがあります。

その一方で、多少お金がかかったり、移動時間がかかってしまうなどのデメリットもあります。

 

自宅で行う

 

 

筋トレは自宅でも十分にやることが可能です。

そんな自宅でのトレーニングのメリットとデメリットはこんな感じです。

 

メリット

  • Youtubeなどで紹介している自重トレーニングをやれば、お金がかからない。
  • 移動時間が必要なく、自分の好きなタイミングでできる。
  • 周りの目を気にしなくて良い。

 

デメリット

  • 自分一人でトレーニングをする場合、モチベーションを保つのが難しい。
  • 自重だけやる場合、効率が悪くなってしまうことがある。
  • ダンベルなどの機材を買ったら、費用がかかってしまう。

 

自重とは機材などを使わないで、自分の体重の重さだけを利用してトレーニングをすることを言います。

お金をあまりかけたくない人は、Youtubeで紹介してくれている自重トレーニングがオススメです。

 

ですが自宅で自重トレーニングをすると、モチベーションを保つのが難しいかもしれません。

他には筋肉への負荷が自重だけだと弱いときもあり、効率が悪くなるというデメリットもあります。

 

いかがでしょうか?どちらの方法もメリットとデメリットがあるので、自分に合っていると思う方法で筋トレを始めてみてください。

 

筋トレはとてもコスパが良いものなので、ぜひ日常に取り入れてください!

 

筋トレのまとめ

 

このページ内を簡単にまとめていきます。

 

筋トレを始める理由は、とても効率的な自己投資であり、たくさんのメリットがあるから。

 

筋トレの5つの効果

  1. 健康な体を手に入れられる
  2. 自信をつけることができる。
  3. ストレス発散になる
  4. 睡眠の質が上がる
  5. モテるようになる

 

筋トレのオススメの始め方

  • ジムに通う
  • 自宅で自重トレーニングをする

 

これらが筋トレの良い効果と始める方法です。

ぜひこれを機会に筋トレを始めてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です