【解説】希少性の原理(法則)とは?恋愛やマーケティングの応用!

 

こんにちは!どんまです。

このブログを選び、読んでくれてありがとうございます。

 

今回は心理学用語の『希少性の原理』について紹介していきます。

これは別名で『希少性の法則』とも呼ばれるものです。

 

こんな人にオススメの記事!

  • 希少性の原理について知りたい人
  • 恋愛やマーケティングで使える心理学を知りたい人

 

それでは、さっそく見ていきましょう!


希少性の原理(法則)とは?どんな意味?

 

 

いきなりですが、皆さんはどのようなものに高い価値を感じることがありますか?

値段が高いもの・思い出深いもの・今すぐ欲しいものなど、人それぞれ違った意見が出ると思います。

 

その中の1つに、人間は珍しく少ないものに価値を見出す事があります。

 

珍しく少ないものを「希少」とも言いますよね。

ですから、この現象は希少性の原理(法則)と言われています。

 

希少性の原理(法則)とは

人は手に入りづらいものに価値を感じやすく、

簡単に手に入るものに対しては価値を感じにくい心理現象

 

つまり

  • 需要が供給よりも多い(需要>供給)= 価値が高い
  • 需要が供給よりも少ない(需要<供給)= 価値が低い

 

世間の声
確かにレアなアイテムってすごく高い値段になるよね!

 

人は、数が少なかったり、珍しいものに対して価値が高いと思いがちです。

なので、多少値段が高くても売れるため、どんどん値段が高くなってしまうのです。

 

希少性の原理に対してより信頼を持ってもらうため、1つ実験例を紹介していきます。

 

希少性の原理(法則)の実験例!

 

 

実験は社会心理学者の「ステファン・ウォーチル」が行ったものです。

 

実験の内容

参加者を集めてグループAとBの2グループに分ける。

それぞれに瓶の中に入ったクッキーを食べてもらった。

その際に、異なった環境を与えた。

 

グループA:人数に対して十分な量のクッキーを食べた

グループB:人数に対して少ない量のクッキーを食べた

 

それぞれのグループの人数は同じで、食べたクッキーの種類も同じである。

 

実験の後、両グループにクッキーの味の感想を聞いた。

 

 

実験の結果

あまりクッキーを食べれなかったBグループの方が、十分な量のクッキーを食べたAグループよりもクッキーに対して高い評価をつけた。

つまり、Bグループの方がクッキーを美味しく感じたのです。

 

実験からも分かるように、人は珍しいものや少ないものに高い価値(評価)をつけるのです。

 

次の章では希少性の原理が働く理由を説明していきます。

 

希少性の原理(法則)が働く理由とは?

 

 

希少性の原理が働く理由は、人間のある心理状態が影響しています。

 

それは「人間が得することよりも損することを恐れるから」です。

 

例えば、ある珍しいスニーカーが目の前に売っていたとします。

この状況で、スニーカーを探していたわけでもないのに、スニーカーを買ってしまう人がいるはずです。

 

買うつもりがなくても買ってしまう原因は、人は得することよりも損することを恐れるからです。

つまり、珍しいスニーカーをたまたま買えるというお得感よりも、この「チャンスを逃して損すること」を防ぎたいと思うのです。

 

そういった理由で、スニーカーを買ってしまう(価値を認める)のです。

 

どんま
損したくないのは、損失回避バイアスが働くからだよ。

下に記事のリンクもはっておくので、ぜひ読んでみてね!

【損失回避バイアス】5つの具体例とマーケティングでの活用法!

 

希少性の原理(法則)を応用しよう!

 

希少性の原理を応用することで、大きな効果を期待できます。

そこで今回は「恋愛」と「マーケティング」での応用方法を紹介していきます。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

希少性の原理(法則):恋愛での応用

 

 

恋愛で希少性の原理を応用するには、相手に対して逃してはいけない特別な(価値がある)人と思わせることが大切です。

 

世間の声
いきなり特別で価値のある人にはなれないよ…

 

確かに特別感を出すのは難しいことです。

 

そこでオススメしたいのは、相手に対して他の異性ともうまくいってる感を出す方法です。

 

例えば

  • 異性と仲良くしてる場面を見せる
  • 会話の中で、他の異性の話題を出す

 

こういった行為を試してみます。

 

すると相手はこう思います。

  • この人は簡単に付き合うことができる人ではないんだ!
  • 他の人もこの人を求めているんだ!

 

狙っている相手は、他の異性ともうまくいってる自分に対して希少性を感じます。

そうすれば、あなたに対して高い価値がある人だと思うはずです。

 

希少性の原理(法則):マーケティングでの応用

 

 

マーケティングでも希少性の原理は大いに効果を発揮します。

 

そこで意識してもらいたいポイントが3つあります。

  • 時間
  • 数量
  • 地域

 

方法としては、これらの3つのポイントを限定化するのです。

 

世間の声
限定化するとどうなるの?

 

限定化すると希少性を作り出すことができるのです!

 

いくつか例を挙げていきます。

 

時間の限定化
  • 一ヶ月間だけ無料!
  • 今日限り30%引き!

 

数量の限定化
  • 残り100個だけ!
  • 先着20名様!

 

地域の限定化
  • ここだけのお土産!
  • ご当地品!

 

このように、商品が限定化されていることを、買う人が分かるようにします。

すると、買う人たちは「簡単には手に入りにくいものだ!」と思い、価値が高いものだと感じます。

 

つまり、希少性を作り出すことができるのです。

 

簡単にできる方法で、効果も期待できるので、ぜひ実践してみてください!

 

希少性の原理(法則)の注意点!

 

 

希少性に原理を使う際の注意点があります。

 

それは、希少性の原理を使うときに嘘をついてはいけないことです。

 

例えば

  • 一ヶ月間無料のはずなのにお金がかかる
  • 残り100個と言いながら、実際にはもっと多く残っている
  • ここだけのお土産のはずが、他の地域でも売られている

 

こういった嘘は、多くのトラブルを発生させます。

同時に、信用も失ってしまいます。

 

なのでいくら希少性を高めたいからといっても、嘘をつくことがないように注意が必要です。

関連する用語!

 

関連する心理学用語です。

下に記事のリンクも張っておくので、ぜひ読んでみてください!

 

ブェブレン効果
  • 価格が高いものに魅力を感じて、それを手に入れたいと思う心理現象

【ヴェブレン効果】とは?3つの具体例や対策法を含めて解説!

 

イケア効果
  • 自分で時間や手間をかけて行った物事に対しては、愛着が湧き高い評価をする現象

【イケア効果】家具量販店から学べるビジネスモデルとその落とし穴!

 

保有効果
  • 自分の所有物を価値あるものだと思い、手放せなくなってしまう現象

ものを手放せないのは保有効果が原因?その具体例や対処法を解説!

 

 

希少性の原理(法則)のまとめ!

 

最後にこのページ内を簡単にまとめていきます。

 

希少性の原理(法則)とは

  • 人は手に入りづらいものに価値を感じやすく、簡単に手に入るものに対しては価値を感じにくい心理現象

 

希少性の原理(法則)が働く原因

  • 人間が得することよりも損することを恐れるから

 

恋愛での応用方法

  • 相手に対して逃してはいけない特別な(価値がある)人と思わせます。

 

特別な人に見せるオススメの方法

  • 相手に対して他の異性とも上手くいっているところを見せる

 

マーケティングでの応用方法

  • 「時間」「数量」「地域」を限定化する

 

ぜひ「希少性の原理」に注目して生活してみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です