【心理学】確証バイアスとは?3つの具体例や対策法などを徹底解説!

 

こんにちは!どんまです。

このブログを選び、読んでくれてありがとうございます。

 

今回は心理学用語の『確証バイアス』について紹介していきます。

これはとても有名な心理学用語なので、ぜひこの機会に覚えていってください!

 

それでは、さっそく見ていきましょう!

確証バイアスとは?どんな意味?

 

 

確証バイアスとは

自分の持った考えや先入観を、正しいと証明できる情報ばかり集めてしまう心理現象

 

つまり自分にとって都合の悪い情報は、あまり集めたがらないのです。

 

みなさんも無意識にこういった行為をしている可能性があります。

 

なぜこの心理現象が起きてしまうのかと言うと、

人間は自分の考えや、持っている情報を正しいと思いたいからです。

 

世界には、様々な情報が溢れかえっていますよね。

そんな多くの情報の中から、私たちは自分で信じたいものを選んで信じます。

そして、持っている情報によって自分の考えが変わっていきます。

 

しかし、それ情報や考えが間違っていたり否定されたらどうでしょう?

 

まず未来が不安になりますし、過去にやってきたことも無駄になってしまう気がします。

何よりも、自分自身を否定されている感じがするのです。

 

それを防ぎたいがために確証バイアスが働いてしまいます。

 

次に確証バイアスをよりイメージしやすいように、3つ具体例を紹介していきます。

 

確証バイアスの3つの具体例!

 

確証バイアスは、私たちの知らない間に働いている心理現象です。

今回は、数多くの確証バイアスから3つの具体例を選んでみました。

 

順番に見ていきましょう!

 

確証バイアスの具体例1、占い

 

 

1つ目の具体例は、占いです。

 

テレビや雑誌では占いの特集をされていたり、街中でも占い師が直接お客さんを見てあげたりと、身の回りの色んな場所に占いがありますよね。

 

例えば、12星座運勢ランキングがあります。

みなさんも1度は見たことがあるのではないでしょうか?

 

もし自分の星座が1位を取ったらどうでしょうか?

なんだか信じてみたくなりますよね。

 

逆に自分の星座が12位だったらどうでしょう。

誰でも自分に不幸が起きてしまうなんて嫌ですよね。

 

ですから、信じないで忘れようとするはずです。

 

これは確証バイアスが働いている証拠です。

自分にとって良い情報だけ集めて信じようとするのです。

 

占いがよく当たるのにも『バーナム効果』というものが関連しています。

まだ知らない方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

[解説]バーナム効果って何?その由来や応用の仕方!

 

確証バイアスの具体例2、いじめ

 

 

具体例の2つ目は、いじめです。

 

先ほど、人は自分の考えが正しいと思いたいと紹介しました。

嫌いな人や自分と合わない人はどんな考え方ですか?

おそらく自分とは違った考え方を持っていたり、異なる価値観の人が多いはずです。

 

人はそういったものを信じたくありません。

自分の考え方や価値観を信じたいのです。

 

すると、嫌いな人や自分と合わない人がいる現実を拒み、いじめが起きてしまうのです。

 

このように確証バイアスによって、社会問題が起きてしまうこともあります。

 

確証バイアスの具体例3、ギャンブル

 

 

具体例の3つ目は、ギャンブルです。

 

日本には競馬やパチンコといったギャンブルがあります。

競馬を例に挙げると、自分の買った馬券は当たるはずだと信じてしまいますよね。

 

もしその馬券が外れたとしても

  • 運が悪かっただけだ
  • 次こそは当たるはずだ

 

こう思ってしまいます。

 

これも確証バイアスが働いている証拠です。

 

自分の信じたものは正しいと思い、実際に起きた結果や自分と違った予想を信じようとしないのです。

そもそも自分の考えが正しいと思えないなら、ギャンブルなんて続かないですからね。

 

ギャンブルがやめられない人にも心理的理由があります。

もし気になる方は、これを参考にしてみてください!

いつまでもやめられないコンコルド効果とは?その具体例や対策法!

確証バイアスを対策する方法!

 

確証バイアスは少し厄介に見えますよね。

 

実はそんな確証バイアスを対策することができます。

ここでは2つの対策法をお教えします。

 

確証バイアスの対策法
  1. 周りの意見に耳を向ける
  2. 自分の考えに疑問を問いかける

 

順番に説明していきます。

 

確証バイアスの対策法1、周りの意見に耳を傾ける

 

 

確証バイアスが働いてしまうと、自分の考えを正しいと思い、それを証明する情報ばかり集めてしまいます。

そうしてしまうと主観的になりすぎたり、偏った考え方になってしまいます。

 

それを対策するためにも周りの意見に耳を傾けることが大切です。

 

そうすることで、客観的な意見を取り入れることができます。

同時に柔軟な考え方もできるようになるのです。

 

最終的には確証バイアスに振り回されないで済むのです。

 

確証バイアスの対策法2、自分の考えに疑問を投げかける

 

 

周りの意見に耳を傾けること以外だと、自分の考えに疑問を投げかけることがオススメです。

 

例えば

  • 本当に自分の意見はあっているのか?
  • どんな反対意見がある?
  • どうしてこの考えになったんだ?

 

こんな感じに自分の考え、意見に対して疑問を投げかけます。

 

すると自分の考えを論理的にできますし、客観的に確認することもできます。

それが出来ると考え方の間違いに気づいたり、修正することが可能です。

 

ですから、自分に疑問を投げかけることで確証バイアスを回避できるのです。

 

確証バイアスは悪いことだけじゃない!

 

 

ここまで確証バイアスについて紹介してきましたが、どんな印象をお持ちになられましたか?

人によっては「確証バイアスは良くないことだ!」と思う人もいますよね。

 

確かに、確証バイアスは主観的になったり、偏って考えになるというデメリットがあります。

しかし、確証バイアスは悪いことばかりではないのです。

 

例えば、多くの実業家が自分の考えを正しいと思い、行動に移してきました。

もし彼らが自分の考えを信じきれていなかったら、もしかしたら今の成功はないかもしれません。

 

つまり確証バイアスを働かせ、自分の意見を曲げてはいけない時もあるのです。

 

注意していただきたい点は、彼らはいろんな意見に触れてきた上で自分の考えがあることです。

ただ単に自分の意見を信じているだけでは、確証バイアスに振り回されてしまうだけなので、注意が必要です。

確証バイアスのまとめ

 

最後にこのページ内を簡単にまとめていきます。

 

確証バイアスとは

  • 自分の持った考えや先入観を、正しいと証明できる情報ばかり集めてしまう心理現象

 

確証バイアスが起こる原因

  • 人間は、自分の考えや持っている情報を正しいと思いたいから

 

確証バイアスの3つの具体例

  1. 占い
  2. いじめ
  3. ギャンブル

 

確証バイアスの対策法

  1. 周りの意見に耳を向ける
  2. 自分の考えに疑問を問いかける

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です